なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

試食販売 生活

黒い靴下問題

投稿日:2018年4月12日 更新日:

◎試食販売の基本的な服装

試食販売の基本スタイルは白いシャツと黒いズボンの組み合わせだ。それにエプロンと三角巾をつける。
スーパーは開放型の冷蔵庫や冷凍庫がならんでいるので防寒対策としてシャツの下に防寒着を何枚も着こんで冬場はカイロもつけている。
靴下はズボンが黒なので、ぶなんに黒のものを1枚か、寒ければ2枚重ねばきしている。
長めの靴下の方が暖かくていい。

◎黒い靴下問題

いろんな店できまぐれにいろんな黒い靴下を買っていたら、まとめて洗濯した後にどれとどれが正しいペアなのかわからなくなった。
同じような黒で、縦にうっすらはいっているラインも同じ幅、よくよく見ると上方の切り替えの仕様がちがっていたりするけれども、いちいち靴下をじっと見て区別するのが面倒だと思う。

無地は見分けがつかないからダメだと思って、足の外側部分にワンポイントがはいった靴下を2セット買った。
洗濯後にゆだんして靴下をたたんでいると、今度はワンポイントの位置が右右になったり、左左になったりとふたたび小さな組み合わせ問題が浮上した。

結局、靴下の組み合わせなんて他の人からは見えないし、長さとか柄とかにこだわらず「黒い靴下はどれも同じ」と思って着用したほうがストレスがたまらなくていいかもしれない。でも性格が神経質なので気にすまいとしてもやはり気になってしまうのだ。

冬場はタイツの上に靴下を2セット重ねばきするので仕事がたてこむと靴下がたりなくなることもある。
1足ゆくえふめいで、両足あわせて3足はいて出勤したこともあった。

◎黒い靴下問題の解決方法

今はいている黒い靴下を一度ぜんぶ捨てて、良さそう店で丈夫そうな同じ黒い靴下を10組くらい買えば問題が解決すると思う。
理想の黒い靴下がどこにあるのか今のところわからないけど・・・。

◎ビニール靴下

朝から雨がどしゃぶりの日は店舗に着く前に靴下がびしょびしょになってしまう。
そうすると1日中足がびしゃびしゃして気持ち悪い。
だからビニール靴下というものを開発した。

靴下をはいて、次にビニール袋をはく。足首のところをゴムでとめる。
また靴下をはく。三重がさねだ。

理論的には、この方法で雨水がしみてきても足がぬれないことになるが、実際にはビニール袋が少しずつずれてきて、家に帰って靴下をぬぐと先の方に丸まっていたりする。
でも何もしないよりは浸水までの時間かせぎになるので一応おすすめしておく。

関連記事:試食販売の七つ道具

-試食販売, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ第2波の前後

久しぶりの外飲み 6/15(月)-6/21(日)の週は、東京のコロナ感染者数が1日平均30人台だった(*東京都の発表データ参照)。 「コロナはもう終わりかも」と思い、3か月以を上自粛していた外食を久し …

変なお客さん(掃除編)

◎はじめに 試食販売をしているとたまに変なお客さんがやって来る。 いままで多数の変なお客さんをスーパーで目撃したり、接客したりしたが、ついにTHE MOST変なお客さんに遭遇した。 それは掃除をするお …

ぐんまちゃんの忘れ物

電車の網棚の上に2度ほど忘れ物をした。 ◎試食販売道具 1度めは、試食販売の仕事に行くときだった。 乗り換えたあとの電車から降りたときに「あっ!」と気づいたときには手遅れだった。 駅員さんに事情を話し …

初めてのダーニング

ダーニングとは? ダーニング(darning)という言葉を初めて知ったのは、生活クラブ(生協)が発行している「生活と自治」という雑誌でだった。 生活と自治には田口ランディ氏の連載が毎月掲載されていて、 …

今年の抱負

1. ひとりでライブハウスに行く 昨年はコロナの年であったが、あちこち街を散歩しているうちにライブハウスとか、アートスペース(音楽/演劇/パントマイム/詩の朗読とか何でも発表できる場所)をいくつか発見 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com