なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

試食販売

中年なのに最近よく若いといわれる

投稿日:2019年6月15日 更新日:

モテ期ならぬほめられ期到来?

そろそろ半世紀を生きようかというのに、最近仕事中に異常に「若い」といわれる(同業者やお客のおばさん、おばあさんから。年齢がほとんど変わらない人からも。すべて女性)。

30代ならまだしも20代の独身女性に勘違いされると、実際の年がバレないうちにその場から逃げ出したくなる(あえて自分から年齢を明かすことはしない。若いと思われる方が人からやさしく接してもらえる気がする)。

特に化粧品も変えてないし、化粧方法も変えてないし、ヘアスタイルも5年以上同じ(仕事中は決まってひっつめている)。色は黒く染めている。

むしろ仕事が詰まっていてへとへとなときにほめられる。

たぶん試食販売の制服(エプロンと三角巾)が欠点を隠してくれているのだろう。

「モテ期」とは違うが、もしかして働きざかりの今が自分史上最高の旬なのだろうか?

みんな日常生活であえて人をほめる必要はない。しかも本人に面と向かって「若い」「可愛い」「きれい」といわなくても生きられる。最近ほめるという行為がはやりはじめたのだろうか?

そういえば私自身、オシャレな高齢女性に接客するチャンスがあると、年齢を超越したその美的センスや精神の若々しさに感銘を受けて、面と向かってほめてしまうことがある。目を引く素敵なアクセサリーをつけている中高年女性のお客さんもときどきいて、そんなときも黙っていられなくて身につけているものを直接ほめてしまうことがある。

お客さんとは常に一期一会の関係だから、その場で伝えないと2度とチャンスはない。私が人をほめるのも、人が私をほめてくれるのも、もしかしたら同じ心理・行動パターンなのかもしれない。私をほめてくれる人もこの先2度と会う予定のない人ばかりだ。

このエセモテ期がいつまで続くのか、経過を見守りたい。

1日に2度「きれい」とほめられた

試食販売の仕事中の話だが、従業員の休憩室で調理する食材を包丁とマナイタで切っていたとき、同業者のおばさんもそばで試食の下準備をしていた(スーパーの店内では包丁使用禁止)。

おばさんは私の食材の切り方を「きれい!」とほめてくれた。

午後は午後で準備を終えて店内に戻り試食販売しているとき、マネキン会社の営業の女性が様子を見に来た。もう1人同じ店舗にマネキンが入っていて、そちらをメインで訪ねるついでに私の方にも来てくれたらしい。

試食台を見て「すごくきれい!」とほめてスマホで写真を何枚か撮っていた。

試食台にはトレーとその上に小さな試食皿にのせた食品と、トレーの後ろには販売商品を並べて、試食メニュー名を掲示。「ぜひ試食してください!」というボードも立てて置いていた。それらのアイテムの配置が「きれい」というわけだ。

不思議なほめられ期はいつまで続くことやら・・・

-試食販売

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

福の神、あらわる

高級スーパーで試食販売 某高級スーパーでスープの試飲販売をしていた。 高級スーパーはどこもそうだが、一般のスーパーよりもやはり客数は少ない。 この店舗も開店から出足が遅かった。 お客さんが少ないと、当 …

茶碗に盛ったごはん

米と無洗米と浸水と研ぎ方

米と無洗米の味の違いは? ずっと『無洗米は普通の米よりも味が落ちるのか?』、真実を知りたかった。 イメージ的には無洗米のほうが味や食感がわるそうだが、試食販売の仕事で無洗米のご飯を炊いてお客さんに何度 …

黒い靴下問題

◎試食販売の基本的な服装 試食販売の基本スタイルは白いシャツと黒いズボンの組み合わせだ。それにエプロンと三角巾をつける。 スーパーは開放型の冷蔵庫や冷凍庫がならんでいるので防寒対策としてシャツの下に防 …

スーパーの売り場

元マネキン&現マネキン

スーパーで試食販売をしていると、たまに「私も同業なのよ!」と、お客さんからカミングアウトされる。 その瞬間、お客さんに対する緊張感がとけて、リラックスしてしまう。 元マネキン(試食販売員)だった人もと …

スーパーで買い物

コロナで仕事がキャンセルされた

コロナで仕事がキャンセルされた スーパーでの試食販売の仕事にもコロナウイルスの影響が出始めている。 最初にキャンセルの連絡があったのは2月18日(※このとき「コロナウイルスのためキャンセル」と言ってい …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com