なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

三味線ざんまい/群ようこ

投稿日:2021年7月23日 更新日:

群ようこが三味線を習っていたとは知らなかった。

この三味線のレッスンがとても難しく大変そうだ。三味線は弦がたった3本しかないにもかかわらず。

私は飽きっぽく根気がないので楽器類の習得は最初からあきらめているが、夫は群ようこ同様着物とか和物が好きで、「三味線を弾いてみたい」と言っていたことがある。

だから三味線のレッスンはまったくの他人事ではなく、『もし夫が三味線を習ったらこんな目にあう』と、リアルに想像しながら『三味線ざんまい』を読んだ。

三味線というのは三味線だけで独立して存在しておらず、あくまで小唄の伴奏者という位置づけらしい。

そして小唄の伴奏をするためには、三味線奏者も小唄を覚えなければならない。

趣味の習い事なのだから片方だけでもよさそうなものだが、昔ながらの芸事なので自己都合の簡略化は許されないようだ。

だから群ようこも三味線を習いに行って、いちばん最初は小唄を教わった。

「水の出花」という小唄はとてもとても短い唄なのだが、それを唄うだけでもかなり難しいということが、エッセイの内容から伝わってきた。

なにしろ譜面がなく、先生と一対一で向き合って座り、口伝で歌詞や調べを覚えていかなければならない。

しかも小唄は現代の歌と音の運びがまったく異なり、とても覚えにくいのだ。

私は東京で寄席に通うようになり、落語の合間にはさまれる三味線と小唄の芸を初めて耳にした。

これまでに聞いたことがないなんとも不思議な調べに虚をつかれた。

あれを自分が唄うとなると、変な気分になるだろう。

小唄や三味線は過去に経験したことがないナニカなので脳が非常に混乱するということが本書にも書いてある。

一度芸事に入門すると、週に一度30分のレッスンだけではなく、三味線の購入、発表会などのイベント、名取するかどうかといったあれこれの問題が次々と押し寄せてくる。

当然それぞれのやりとりにお金がかかる(群ようこが最初に買った稽古用の犬皮の三味線は9万円だった)。

つくづく芸の道は長くて険しいと確認した。

群ようこの三味線奮闘記を読むと、寄席の舞台で軽妙に三味線を弾いているお姐さんたちが神様のように輝いて見えてくる。

この本を読んでよかったと思った。

三味線を習いたいと思っている人にもぜひ『三味線ざんまい』を読んでみてほしい。

おすすめ記事:はり100本 鍼灸で甦る身体(竹村文近著)

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

白夜の爺スナイパー/デレク・B・ミラー

(※ネタバレありです) 英題:Norwegian by Night (2012) 舞台はノルウェーで、主人公はシェルドン・ホロヴィッツという名の82歳のユダヤ系アメリカ人。 この設定もさることながら、 …

1分間どこでもマインドフルネス

1分間どこでもマインドフルネス/奥田弘美

脳を休ませる鼻呼吸 『1分間どこでもマインドフルネス』の副題は「ストレスと疲れがみるみる消える!」だ。 いつもストレスをためこみがちで、緊張症で疲れている私は、藁をもつかむ気持ちですぐにこの手の本に食 …

ツレがうつになりまして。

「脳疲労」社会〜ツレがうつになりまして。

夫のうつ病が心配 自分自身にうつ病の傾向はないのだが、サラリーマンの真面目な夫は仕事をかかえこみすぎて、ときどきノイローゼ気味になり言動がおかしくなる。 とくに40代〜50代になると体力、処理能力が落 …

道化の館

道化の館/タナ・フレンチ

(※ネタバレありです) アイルランドのミステリー小説 『道化の館(上・下)』にはアイルランドの架空の村「グレンスキー」を舞台に起きた殺人事件が描かれている。 グレンスキーは小さな村で、地元の警察は頼り …

『羆嵐』by吉村昭

『羆嵐(くまあらし)』by吉村昭(新潮文庫) (ネタバレありです) ◎あらすじ 1915年12月9日、北海道の三毛別六線沢(さんけべつろくせんさわ)の村落でヒグマが2人の人間を襲った。 ヒトの味を覚え …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com