なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

多様性を生きるムーミンの世界

投稿日:

ムーミン入門

飯能にあるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に行ったのがきっかけでムーミンの本を読みはじめた。

最初に読んだのが『ムーミン谷の仲間たち』で、変な登場人物ばかり出てくるのでとても面食らった。

『ムーミンって、あんまり面白くないな』と思った。

とはいえ、1冊だけで判断するのは早計なので、他のタイトルも図書館で次々に借りて読んでみた。

講談社の青い鳥文庫からは合計9冊のムーミンシリーズが出ているが、面白さにけっこうばらつきがあることがわかった。

個人的には『ムーミン谷の冬』が、厳しくも美しい冬の世界を描いていて好きだった。

自分が冬が好きだからということもあるが、読んだのが12月半ばだったからかもしれない。

フィンランドの日本より数倍も厳しい冬の情景を読んでいると、自分の寒さを忘れるというメリットがあったのだ。

また、冬から春に季節が移り変わるようすが活写されていて、『フィンランドの春ってこんなふうなんだ!』と、ダイナミックな自然の描写に目をひらかれた。

大自然の中で生きるムーミン

ムーミンの世界は大自然の世界だ。

ムーミンの物語を読むと、都会生活で忘れてしまった動物や人間のかつての野生的な生き方を思い出す。

現代の私たちだと、キャンプ生活をイメージすれば、ムーミンたちの生活に近づけるかもしれない。

自然は本来激しく、気まぐれで、恐ろしい。

自然の中にポツンとひとりでいたら、他の生き物に出会えたとき、とてもうれしい。心強い。

食べ物を分けてくれるかもしれないし、話し相手になってくれるかもしれない。

人間同士、人間と動物がそんな素朴なつきあいをしていた時代が確かにあった。

多様性を生きるムーミンの世界

ムーミン世界の生き物たちはサイズも見ためも性質も多種多様だ。

それぞれ自分のやり方で、好き勝手に生きている。

人間、動物、虫たちがそれぞれ独自の生活をいとなんでいるように。

ムーミンの物語で、私がいちばん苦手な登場人物はフィリフヨンカだ。

どちらかといえば自分に近い性格なので身につまされる。

フィリフヨンカは大変心配性・苦労性でいつもせかせか動きまわっている。

好きなことは、掃除と料理みたい。

読んでいて愉快なキャラクターではない。

ムーミンの物語には、フィリフヨンカみたいに悩みの多いもの、悪い性質をもったもの、内気なもの、いじけた性格のもの、口の悪いものなど、ネガティブ志向の登場人物がたくさん出てくる。

私なんかはフィリフヨンカが嫌いで、彼女のようすを読んでいるとイライラするが、ムーミンや他の登場人物たちはあまり気にしない。

ムーミン世界はとてもおおらかなのだ。

読んでいると最初は違和感を感じるが、だんだん感化されて、ムーミン的感性に慣れてきて、『それもいいかな』と気持ちが軟化してくる。

現実の自分をとりまく世界も、日本人だけでなく外国人も増えてきて、『違うな』と感じることも多い。

自分と違うものとどうつきあったらいいか? ということをムーミンの物語は教えてくれる。

それぞれ違うことが当たり前で、違うものたちが出会うことによって、お互いのものの見かたや行動に変化が生まれ、世界が一新される。

ムーミンたちはそんな刺激的な日常をおくっている。

大人にもムーミンはおすすめ。

海外旅行にいったみたいに新しい世界がひらけます♪

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『羆嵐』by吉村昭

『羆嵐(くまあらし)』by吉村昭(新潮文庫) (ネタバレありです) ◎あらすじ 1915年12月9日、北海道の三毛別六線沢(さんけべつろくせんさわ)の村落でヒグマが2人の人間を襲った。 ヒトの味を覚え …

見仏記1

見仏記/いとうせいこう/みうらじゅん

いとうせいこうとみうらじゅんが一緒に仏像を見に行く人気シリーズの第1冊目。 私は『海外編』を最初に読んで、面白かったのでシリーズの原点である1冊目に戻ってきた。 ちなみに仏教とか、仏像にはそれほど興味 …

カルカッタの殺人

カルカッタの殺人/アビール・ムカジー

インドをテーマにした本が読みたくて手にとった。 インドのカルカッタが舞台のミステリーだ。 作者はイギリス生まれのインド人。 『カルカッタの殺人』の主人公は、イギリスからカルカッタに赴任した白人のイギリ …

妻のトリセツ(黒川伊保子)

夫婦間ギャップに悩みはつきない 夫婦関係に悩みはつきない。 基本的に相手にイライラさせられることが多いし、年に数回は家出したくなるし、5-10年に一度はビッグウェーブ(大きな危機)がおとずれ離婚したく …

『一発屋芸人列伝』by山田ルイ53世

※ネタバレありです ◎感想 著者の山田ルイ53世が同業者の芸人にいっさいおもねって(気に入られようとして)いないのがいい。 文中に細かく挿入される著者のツッコミが面白い。 的確な比喩・タトエに感心する …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com