なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

飲食

家でシュラスコを作った

投稿日:

シュラスコといえば・・・中南米、かたまり肉、串刺し、バーベキュー、切りながら食べる。

今まで何度かレストランで食べたことはあるが、シュラスコを自宅で作る発想発想なかった。

だがある日、最近は平日でも積極的に料理をしてくれる夫がひらめいて、作るという。

一緒にスーパーに行って材料を買った。

とはいえ自家製シュラスコの材料は、肉、塩、ステーキソースくらいのもの。

使った道具は焼き網と金串。

500グラム程度の塊のオージービーフを買ってきた。

前もって塩をして冷蔵庫に入れておく。

ステーキ同様、調理するときは肉を常温に戻しておく。

夫が金串2本に刺して、ガスコンロの上に焼き網を置いてそこで肉の4面を焼いた。

いい焼き色がついたらテーブルの皿の方に持ってきてナイフでそぎ切りにする。

中は赤くて半生状態だ。

表面全体をそぎ切りにしたら、また焼き網の上に戻して4面を焼く。これの繰り返し。

そのままステーキソースにつけて食べてもおいしいが、私はケバブサンド風にして食べて大正解だった。

ピタパンをカルディで買ってくる。

中身はキャベツの千切り、紫玉ネギの薄切り、アボカド、チーズも用意してみた。

ピタパンを軽くトースターで焼いて、各自好きな具材を詰め込む。

私は上記の野菜とチーズをピタパンにいっぱいに詰めて、マヨネーズをかけて、ステーキソースにつけたシュラスコを数切れのせて食べた。

屋台のケバブサンドも千切りキャベツ満載だが、この食べ方は本当にキャベツがおいしい。

むしろ野菜がメイン具材で、肉は少しの方がいい。

ケバブサンドは辛口のソースをかけることが多いので、タバスコやサンバルもおすすめ。

意外と簡単で、とってもおいしい自家製シュラスコ、おすすめだ。

一人でも手軽に楽しめる料理だと思う。

※写真を撮ってなくて・・・これしかないのです。

-飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

腐ったしじみ

スーパーにクレームをつける!?

ある晩8時ごろ、某スーパーに買い物に行った。 家から徒歩15分ほどの場所にあり近いとはいえないが、鮮魚コーナーの品揃えが魅力的なので月に何度か足をはこぶ。 この日は刺身と島根県産のしじみを買った。 し …

犬

夫は次男体質?(2)

次男の夫は、物心ついたときから、長男である兄の真似をして生きてきた。 「三つ子の魂百まで」という。 幼少のときに頭にすり込まれた体験パターンが、成長してもずっとあとを引くことはある(自分もそうだ。失敗 …

コロナ第2波の前後

久しぶりの外飲み 6/15(月)-6/21(日)の週は、東京のコロナ感染者数が1日平均30人台だった(*東京都の発表データ参照)。 「コロナはもう終わりかも」と思い、3か月以を上自粛していた外食を久し …

夫婦の食費の払い方

過去の夫婦の食費の払い方 過去の家計 昔、結婚した当時、私はお姑さんから「働かないで息子を支えてほしい」と言われた。 働かないのはラクかと思い、最初は専業主婦をしていた。 私の母親も、お姑さんも専業主 …

シンプル焼きそば

シンプル焼きそば

お客さんから教わったシンプル焼きそば 某スーパーで試食販売中に、お客さんからシンプル焼きそばのレシピを教わった。 忘れないうちにさっそく作ってみた。 本当にシンプルすぎる変わったレシピなので「オリジナ …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com