なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

コロソマ・カメ・ペンギンの夢

投稿日:2018年8月17日 更新日:

ふと部屋にそれがあることを思い出した。
かなり長い間カーテンを閉めっぱなしにして部屋の奥に放置していたのだ。

水槽の存在自体が頭の中から消えていた。

水槽の高さは自分の背丈くらいあった。
一般家庭ではなくもう水族館レベルの迫力だ。

勇気を出してガラス全面を覆うカーテンを両側に引くと、しばらく見ないうちに成長して大きくなったコロソマたちがこっちをジロリと見た。

大きくなりすぎて世話をするのが大変なので、カーテンで隠して無理矢理ないことにしていた。

エサを食べなくても元気そうで、しかも大きくなっている。
1メートル近いカメもいる。

コロソマ

お腹が空いているのか、コロソマたちはこちらに少し寄ってきた。
ギザギザの歯が見えて迫力満点だ。

水中に手を突っ込んだら指の1本や2本平気でかじってしまうだろう。

久しぶりに水も変えねばならない。

こんなに大きくしてしまったらもうどこかの水族館に引き取ってもらうしかない。

大きな魚を眺めているのが大好きで飼いはじめたのだが、もう限界だ。
油断したらこっちが食べられそうでこわい。

突然、水槽の上からペンギンが現れた。
上部にぎっしり並んでこちらを見て「オォ~ゥ!!」と、2羽ずつ抱き合って、驚きと恐怖をあらわすリアクションをした。

コロソマとカメはリアルなのに、ペンギンたちはディズニーのアニメーションのペンギンなのだ。

でもあのノリで水槽の上からこちらの方にドタドタ降りてこられたらこわい。
もうどうしたらいいかわからない。

そこで目が覚めた。3:54。

(追記1)夢を見たあとで本物のコロソマやピラルクーを見たくなって池袋のサンシャイン水族館に行った。アロワナはいたけれどもピラルクーがいないので職員にたずねると、以前はいたけれども現在ピラルクーはいないという。コロソマもいないという。残念だ。
サンシャイン水族館のホームページ:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/

(追記2)ネットでいろいろ調べていると、中目黒にピラルクーカフェ「グランシップ」があることがわかった。2・2mのピラルクーが5・5m×2m×1mの水槽で泳いでいるという。コロソマやナマズもいるという。ぜひ行ってみたい。
水族館Barグランシップのホームページ:http://www.granship.net/

(追記3)都内だとしながわ水族館にピラルクーがいます。
しながわ水族館「世界の大河から」水槽:http://www.aquarium.gr.jp/spot/index.html#river

(追記4)穴場は足立区生物園でピラルクーを飼っています。足立区に住んでいたとき行きました。小ぢんまりとしていますが、ピラルクーやアロワナが自然体(?)で泳いでいるイイ感じの水場です。機会があればぜひ行ってみてください。
足立区生物園のピラルクー:

http://seibutuen.jp/animal/fish/pirarucu.html

◎あわせて読みたい・・・?
開高健著『オーパ!』

■商品の説明■
ジャングルを蛇行するアマゾンは魚たちのユートピア。名魚トクナレや殺し屋ピラーニヤ、黄金の魚ドラドなど、巨魚・怪魚を求めて褐色の大河に挑んだ60日、驚異の16000キロ。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

試着室を出るときズボンをはき忘れる夢

仕事に行くときになんらかの衣類が必要になり、目に着いた洋服屋で商品を見て、試着したりした。 なかなか思うようなデザインの服が見つからず、通勤しながら何軒もの洋服屋をハシゴして、欲しい服を探した。 ある …

サンドイッチ

夢また夢

夫の実家に滞在する夢 年末年始を先取りする夢を見た。 夫の実家でお姑さんがいろんな料理を食べさせてくれる。 サンドイッチ、お好み焼き・・・ 提供される品数が多くて食べ切れない。 私たち夫婦にあてがわれ …

新規オープンしたフランス料理店に行く夢

新しくできた小さなフランス料理店を見つけた。 先客が1人。 黒いロングヘアの年齢不詳の女の人。 せっかくだから何か食べてみることにする。 でも、何があるんだろう? メニューがない。 たった1人きりの店 …

変な人工授精の夢

夫と2人で出かけたとき、利用した店で鍼かマッサージのサービスがあった。 私は鍼を経験したことがないので「鍼をやってみたい」と思った。 床に横たわり、痩せたボーイッシュな感じの若めの女性が担当者となった …

銀座に持ち家ができる夢

実家の遠い関係筋が銀座に家を所有していたらしく、その人が亡くなったため、それが譲られ両親(と他の親戚)の持ちものになった。 古くて大きな一軒家というか、ヨーロッパの映画に出てくるマンションのような建物 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com