なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

お客さん 試食販売 生活

熱中症になったお客さん

投稿日:2018年8月17日 更新日:

60代のお客さんいわく・・・

「お盆なので11日に墓参りに行ったら脱水症状になった。

早い時間の方が涼しいと思って午前中に行った。

草むしりなどしていると汗がとまらず汗だくになった。

その後バスで母親がいるホームに行った。

歩くときだんだん足が重くなってきて思うように歩けなくなった。

足はつらなかったので大丈夫かと思った。

それからしばらくして視界が白くなってきて、目の前がぼや~っとするのでまずいなと思った。

毎年同じように墓参りをしているのになぜ今年だけ脱水症状になってしまったのかわからない。

最後に胸の下の真ん中の方がぐ~っと痛くなってきた。

どうしよう。どこかで休まないと危ないと思っているうちにホームの看護師さんが「脱水症状でしょう」と気づいてくれて、空いているベッドで休ませてくれた。

看護師さんのお母さんは脱水症状で亡くなったので症状をよく知っているのだという。

全身汗びっしょりで洋服の色が変わってしまったくらいだった。

1リットルくらい脱水しているので、ポカリスエットを1リットル飲むように言われた。

「ゆっくり飲むのよ」

無料で血圧もはかってくれて至れり尽くせり親切にしてくれた。

血圧は100ちょっとだったけどもう動けると思った。

いつもは氷を持ち歩いているのに、この日は忘れてしまったのが悪かった。

家から持ってきた飲み水もぬるまっていた。

脱水症状から4日たってようやくスーパーに買い物に出てきたが、まだ体がほんとうではない気がする。どこかおかしい。

家では冷房が嫌いで使わない。いつもドライにしている。

水だけ飲んでちゃだめだと息子に言われた。

息子がスイカを切って食べさせてくれた。

ふだんはもったいないので自分のためにスイカなど買わない。

水ばかりで栄養が入っていない気がする。

でも食べたときとても美味しかった。

もっと自分のためにもスイカを買って食べるといい、と息子に言われた」

-お客さん, 試食販売, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーで買い物

お客さんの大変な話

孫の母親がわりになったお客さん 某スーパーに試食販売に行った。 平日なのに妙に活気のある一日だった。 試食商品は売れたし、お客さんから結構重たい話を聞いたりしているうちに一日が終わった。 ある80代の …

偏食の子供を心配するお母さん

◎肉が苦手な子供 某スーパーでスペアリブの試食販売をしていた。 お母さんと4歳くらいの男の子がやってきた。 大半の子供は肉が大好きなので、いちばん大きく切った肉の塊を小皿にのせてつまようじを刺して手わ …

のらねこ

ねこおばさん

週末某スーパーに試食販売の仕事に行くと、近くの売り場で別の販売員のおばさん(推定60代)が肉の試食販売をしていました。 職業柄なのか、販売員にはフレンドリーでおしゃべりな人が多いです。話しかければその …

社会保険料を安くする方法

社会保険料が高くて払えない コロナで前の仕事がなくなって、今の会社にパートとして入って1年が過ぎた。 仕事というのはパートにしても、勤務期間が長くなればなるほど、自然に勤務時間が増えていくものだと思っ …

睡眠

電池切れの目覚まし時計が鳴った

昨夜は23時頃に寝て、明け方はずっと濃いめの夢を見ていた。 どちらかといえば楽しい夢だった。 しかし突然、目覚まし時計のアラームの音に起こされた。 ピピピピ と1回鳴った。 通常この目覚まし時計は、ピ …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com