なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

人間関係 生活

夫に優しさを食い物にされる

投稿日:

現在コロナの影響で新しい職場で働いている。

どこにも出かけず、お金も使わず、ずいぶんシンプルな生活を送っている。

コロナは自分に生活を見つめなおす良い機会をもたらしてくれた部分がある。

虚飾を取りはらうと、夫との関係など水面下に隠れていた問題が、表面に浮かび上がってきた。

夫と結婚して20年以上たった。

昭和生まれなので、昔かたぎに妻として夫を支え、家事をおこない、一生懸命尽くしてきた。

だが遅まきながら、私の気づかいは一方通行で、同様の支え、家事、献身は夫側からまったく提供されないことに気がついた。

むしろ私が困って途方に暮れているときに、夫はまったく助けにならず、なぜか後ろ足で砂をかけるような言動をとることが過去に多かった。

いくらこちらが仕事や家事に追いつめられてボロボロになっていても、夫は気づかないし、痛くもかゆくもないのだ。

毎晩おいしいおかずとご飯と酒が食卓に並べばそれでオッケー。

いつもどおり大好きな仕事ができていればハッピーな夫で、私はそれをサポートする家政婦さん的存在なのだ。むなしい・・・

私は精いっぱい真面目に努力すればいつか報われる日が来ると漠然と信じて頑張って生きてきたが、結局、夫ばかりが快適に肥え太り、私のエネルギーは奪われる一方の結婚生活だった。

つまり妻というのは、夫の母親がわりの存在にすぎないのだ。

夫が一人暮らしをしていれば自分でやる家事を、二人暮らしになったらなぜ妻がやらなければならないのだ?

なんでこんなことになっちゃったんだろう。まるでサギにあったみたいだ。

とりあえず、最近は私の不満な気持ちをブツブツと口に出して夫に伝えるようになった。

「優しくしたってなにもいいことがない」
「いつも優しさを利用される」
「優しくしても損するだけ」

・・・困惑する夫であった。

そしてなるべく余分に優しく親切にしないように気をつけている。やり損なので。

夫は鈍感で基本的になにも気づかない。物事に無頓着。

私は過敏症で、ついついいろんな問題に気づいて夫よりも先に解決にむかって動いてしまう。

家事は問題解決行動だ。生きているかぎり無限に発生するマイナスをゼロに戻す行為だ(掃除/洗濯/皿洗い)。

料理はマイナスをプラスにする行為のような気もする。だからすこし楽しいし、おいしいしうれしい。

「いつも私ばかりに料理させるな!」という気持ちをイライラと態度であらわしたり、「料理したくない!」「皿洗いキライ!」と言っていたら、料理にかんしては夫も得意なので、土日は担当してくれるようになった(忙しくて作れないときは寿司を買ってきたり)。

皿洗いも時間があればやってくれるようになった。

掃除がいちばんやらせるのが難しい。
夫には「汚い」という感覚がないからだ。

部屋が物でいっぱいで雑然としている汚さはいやがるが、油汚れでベタベタするとか、トイレ、風呂場の目に見えづらい汚れは気づかない。感知しない。

汚れセンサーに引っかからないと、掃除をする意味がわからないので永遠に掃除をしない。

ときどきこちらから声をかけてやってもらうしかないだろうが、そういう気づかいや働きかけがすでに面倒くさい。あーあ!

-人間関係, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ

3つの忘れ物

目次1.傘2.スマホ3.リュックサック 1.傘 某スーパーに試食販売の仕事に行った。 ふと、前回来たときに、この店に傘を忘れて帰ったことを思い出した。 Googleで店舗名で検索すると、前回の訪問日が …

忙しさのバロメーター

休日が来て、「あー疲れたなー」と思う。 「私はよく働いたなー。頑張ったなー」と思う。 休日には、忙しくて出来ずにたまってしまった「なにか」をかたづける人も多いだろう。 基本は、洗い物とか、洗濯物だろう …

先生

教育欲は人間の本能?

目次「教育欲」は人間の本能?教育欲ゼロだった自分が!? 「教育欲」は人間の本能? 人間の3大欲求は「食欲」「睡眠欲」「性欲」だ。 これらは人間の生命維持・健康維持のために不可欠な本能だという。 教育学 …

LGBTの象徴の虹

LGBTを知るための・・・

目次ダイヤモンド社のビジネス×LGBT雑誌「オリイジン」LGBT関連記事: ダイヤモンド社のビジネス×LGBT雑誌「オリイジン」 インターネットで調べ物をしているときに、経済雑誌で有名なダイヤモンド社 …

熱中症になったお客さん

60代のお客さんいわく・・・ 「お盆なので11日に墓参りに行ったら脱水症状になった。 早い時間の方が涼しいと思って午前中に行った。 草むしりなどしていると汗がとまらず汗だくになった。 その後バスで母親 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com