なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

LGBTQ+ 漫画

『ホモ無職、家を買う』を読んだ

投稿日:2020年6月23日 更新日:

(※ネタバレありです)

『世界一周ホモのたび(全5巻)』に続いて、サムソン高橋氏&熊田プウ助氏コンビによる漫画『ホモ無職、家を買う』をアマゾンで購入して一気読みした。

結局、6冊ともぜんぶ一気読みしちゃったな。

読みやすいし、面白くて止まらなくなるのだ。

『ホモのたび』は世界ハッテン場紀行で、『家を買う』は、サムソン氏が北区に一戸建ての中古住宅を800万円+αで衝動買いする話。

「無職」と「家を買う」は矛盾しているが、サムソン氏は24歳から37歳まではホモ雑誌の編集プロダクションで働いていた。

辞めた時点で1400万円の貯金があった。

その後10年間はバイトと節約生活で貯金を切り崩して生活していた。

47歳の時点で貯金は900万円あったので、800万円+αの家を買うことができた。

サムソン氏はお金を使わない人で、プロダクションを辞めてからは週5000円の生活費で自炊などしながらやりくりしていたという。

東京でもそんな暮らしができるなんて!!

家を買うプロセスそのものはとてもシンプルで、どちらかといえばサムソン氏のこれまでのホモ人生の歩みがメインで描かれている。

それはそれで『ホモのたび』には描かれてなかった内容なので「へぇー、そうだったんだ」と知識が増える。

そして、家を購入したあとのリフォームのくだりがまた読みどころとなっている。

サムソン氏はもともとDIYが得意な人というわけではなく、予算の都合でDIYを強いられた人なのだった。

でも日雇いの建設現場での経験をフル活用して、中古家のリフォーム中に大工仕事の能力を開花させるのだった。

またリフォームにはまっていくうちに、自分の中の少女趣味があふれ出て、おうちが素敵に生まれ変わっていくくだりも面白い。

そして最後に能町みね子氏との偽装結婚が紹介されてグランドフィナーレとなる。

私としては、そもそも能町氏の『結婚の奴』からサムソンの旅を始めているので、軌跡が一周りして環になった完結感があった。

結局、サムソン氏と能町氏の結婚も、私と夫の結婚もなにも実情は変わらない。

他人同士の共同生活だ。

これは犬を1匹飼ってるのも同じかもしれないが、家に自分以外のだれかがいると、身だしなみに気をつかうし、食事の内容も改善されるし、掃除もするし、一人暮らしよりもなにやら健康的な生活ができる実感がある。

だから「こいつムカつく、別居してやる!」と何十回も思ったが、いまだに踏みとどまっている。

「結婚=男女」の枠に風穴を開けた彼らは時代の先端を走っている。

■ホモ無職、家を買う – サムソン高橋/熊田プウ助 – 実業之日本社■

関連記事:世界一周ホモのたび/サムソン高橋/熊田プウ助

 

-LGBTQ+, 漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

聖なるズー/濱野ちひろ

『聖なるズー』濱野ちひろ著(集英社) (※ネタバレありです) 『聖なるズー』は、そんなにいかがわしさはなく、むしろ読んでいくうちに心が静まっていくような本だった。 ドイツで取材される「ズー」と呼ばれる …

LGBTの象徴の虹

LGBTを知るための・・・

ダイヤモンド社のビジネス×LGBT雑誌「オリイジン」 インターネットで調べ物をしているときに、経済雑誌で有名なダイヤモンド社がビジネス×LGBTの雑誌を発行していると知り、驚きつつもさっそくAmazo …

『傘寿まり子』 byおざわゆき

◎まえがき 先日メトロ車内で漫画の『傘寿まり子』の広告を見て、おばあさんはもちろん猫が気になって、近所のツタヤにレンタルに行きました。コミックコーナーを利用するようになったのはごく最近なので、かなりス …

世界一周ホモのたび/サムソン高橋/熊田プウ助

『世界一周ホモのたび』を読んだ 能町みね子著『結婚の奴』を読んで、サムソン高橋氏と『世界一周ホモのたび』について知った。 アマゾンのレビューをチェックすると高評価で面白そうだった。 自分自身はゲイでな …

『家栽の人』by毛利甚八

◎はじめに 裁判にはまっている。 関連本をいろいろ読んで、実際に裁判の傍聴にも行ってみた。 法廷には、読んでイメージするのとはまったく違う世界がひろがっていた。 そしてまた本を読み、漫画を読み・・・ …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com