なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

変な人工授精の夢

投稿日:2020年12月2日 更新日:

夫と2人で出かけたとき、利用した店で鍼かマッサージのサービスがあった。

私は鍼を経験したことがないので「鍼をやってみたい」と思った。

床に横たわり、痩せたボーイッシュな感じの若めの女性が担当者となった。

始まった施術は鍼ではなくマッサージ系。

しかも知らない間に不妊治療というか人工授精のコースに申し込んだみたいになっていて、その担当の痩せた女性が体は男性で、あれよあれよという間に中出しされていた。

出されるときの感覚がすごく生々しかった。

すぐ横には夫が横たわっている。

別に夫は不妊症でもなんでもないので『どう思っているだろう!?』と心配だ。

「ちゃんと気をつけた?(避妊対策)」と聞かれたので「ピル飲んでるから」と答えた。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤い金魚

不思議な金魚の夢

昔、賃貸マンションで金魚すくいの金魚を飼っていた。 現在はクサガメ1ぴきしか飼っていないが、久しぶりに赤い金魚を飼う夢を見た。 大きめの水槽の中で10センチ弱の赤い和金が泳いでいる。 私は水槽の水をと …

コロソマ・カメ・ペンギンの夢

ふと部屋にそれがあることを思い出した。 かなり長い間カーテンを閉めっぱなしにして部屋の奥に放置していたのだ。 水槽の存在自体が頭の中から消えていた。 水槽の高さは自分の背丈くらいあった。 一般家庭では …

海水浴の準備をする夢

ケンカ中の友だちから海水浴に誘われる。 入浴施設にも行くみたい。 仲直りの旅行になるのか? 私たちは、私の実家の2階にいる。 友だちはすでに別の旅の途中なのか、普段から移動にキャリーバッグを使っている …

豆菓子

夢の断片

母親がでん六に言及する夢 毒親だった母親が夢にでてくると目覚めが悪い。 母は、知り合いのおじさんについて話していた。 「あの人はいつもでん六の豆を食べとってんよ」 私は東京に来るまで「でん六」という名 …

同性との恋の夢

少し春めいてきた。 春は寝ても寝ても眠い季節らしい。 先日は昼12時からの仕事に寝坊して遅刻してしまった。 今度からは10時起床のときも目覚まし時計をかけることにした。 2時前には寝たのに・・・ この …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com