なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

飲食

スリランカのまぐろカレー

投稿日:

2番目に作ったスリランカカレー

職場のスリランカ人からおしえてもらって作ったじゃがいもカレーは大成功だった(参考記事:スリランカ人からスリランカカレーの作り方をおそわった)。

スリランカ人のTさんはじゃがいもカレーをすすめてくれた時「まぐろカレーもおいしい」と言っていた。

それを聞いたとき『まぐろカレーもぜったい作りたい』と思った。

今まで食べたことがないし、とてもおいしそうだからだ。

で、基本の(?)じゃがいもカレーはクリアしたので、次にまぐろカレーを作ってみた。

↓参考にしたまぐろカレーのレシピ
https://spice-karapincha.jp/?tid=11&mode=f4&view=smartphone

私はTさん直伝のスリランカカレーに使う17種類のスパイスを知っているので、参考レシピに掲載されているよりも使用するスパイスの数が多い(※入手しにくいスパイスもあるので実際は17種類未満)。

まぐろカレーの材料

(2人分※下記の分量は参考値)

1. カレーパウダー 大さじ1
2. ローストカレーパウダー 大さじ2
3. チリペッパー 適量(辛い)
4. パプリカパウダー 小さじ1
5. クミン 大さじ1
6. ターメリック 小さじ2
7. ゴラカ(梅干しで代用) 梅干し2個
8. カルダモン 小さじ1
9. クローブ 小さじ1
10. コリアンダー 小さじ1
11. シナモン 小さじ1
12. カラピンチャ(カレーリーフ) 7~8枚
13. ベイリーフ 1枚
14. にんにく 3かけ
15. しょうが 1かけ
16. 塩 小さじ4分の1(減塩中)
17. コショウ 適量
18. ココナッツパウダー(ココナッツミルク) 適量
19. 砂糖 少量
20. まぐろ 210g(きはだまぐろを使用)
21. 玉ねぎ 適量(6分の1とか)
22. サラダ油 大さじ4とかもっと

まぐろカレーの作り方

1. まぐろをスパイスでマリネする(下味をつける)。ビニール袋に食べやすく切ったまぐろと材料1~7を入れて振る。空気を抜いてビニール袋の口を閉じ、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

2. フライパンにサラダ油、玉ねぎ、にんにく、しょうがを入れて炒める(香りを出す)。

3. フライパンに材料8~13を加える。

4. フライパンにマリネしたまぐろを入れ、焼く(こげないように)。

5. フライパンに入れたスパイスの香りが油に移ったら(カレーっぽいにおいがプンプンしてきたら)水とココナッツパウダー(ココナッツミルク)を加える(まぐろが見え隠れするくらいの量300~400cc)。

6. こげないように火加減を調節しながら10分くらい煮る(15分間煮たら煮詰まった)。煮込みの最後の方で塩・コショウ(好みで砂糖)を入れて味付けする(※最初に塩を入れると煮詰まってカレーが塩辛くなる)。

7. 皿にご飯とカレーを盛り付ける(スリランカはご飯+カレー※ナンはインド)。

-飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

韓国人から味噌チゲの作り方をおそわった

パート先に韓国人のJさんという女性がいる。 彼女もおいしいものを作って食べることが大好きみたいなので、店がヒマなときにときどき料理の話をする。 ポイント高いのは、日本語がペラペラなことだ。 日本に留学 …

ローストビーフの手まり寿司

ローストビーフの手まり寿司 ローストビーフの手まり寿司の簡単レシピ 今日は簡単で美味しいおすすめメニューのご紹介です。 手まり寿司とは、(手でつく)まり状(ボール状)にかわいらしく丸めたにぎり寿司のこ …

コロナ第2波の前後

久しぶりの外飲み 6/15(月)-6/21(日)の週は、東京のコロナ感染者数が1日平均30人台だった(*東京都の発表データ参照)。 「コロナはもう終わりかも」と思い、3か月以を上自粛していた外食を久し …

新生姜煮

新生姜煮(甘口)

きゅうりと新生姜のサンドイッチ 知人が「新生姜煮」の作り方を紙に書いておしえてくれた。 秋の初め(9月頃)にスーパーで新生姜が出まわり始める。ずっと『どうやって使うのかな?』と思っていた。 いつも使っ …

豚コマ串&フランク串

肉おでん

肉食人口が増えている 昔に比べると今の人は肉食だ。 若い人ほど肉食度が高いようだ。 私もどちらかといえば肉食だ。 本当は「今夜は肉が食べたい」と思う日と「魚が食べたい」と思う日は同じくらいだ。 でも今 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com