なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

飲食

減塩汁なしラーメン

投稿日:2020年9月8日 更新日:

寿司=○/ラーメン=☓

健康診断で高血圧と指摘されて以来、減塩生活にはげんでいる。

減塩メニューとしていちばん便利なのは寿司だ。

減塩醤油を1滴たらすだけで十分おいしく食べられる。

一方、減塩メニューとして最もふさわしくないのがラーメンである。

そもそも私が高血圧になったのは、昼休みに外食していたラーメンが主因だと思われる。スープを全部飲み干していたので・・・

ラーメンは非常においしいが、減塩生活の天敵といっていいほど塩分量が多い。

スープまで飲み干せばたった1杯で1日の塩分許容量をオーバーしてしまうほどだ。

外食メニューは基本的に塩分が多いし自由に調整もできない。

減塩生活では、特に塩分量の多いラーメンは家で作ったものを食べるようにしている。

インスタントラーメンも、生麺も、添付のスープを半分だけ使用して作れば減塩ラーメンになる。

もちろんスープは極力飲まない。

カップラーメンで麺にスープの粉が最初からまぶしてあるタイプは、フタを半分開けて、容器を逆さまにして、できるだけスープの粉をゴミ箱に落としてからお湯をそそぐ。

減塩汁なしラーメンの作り方

さて、ここからが本題で、減塩生活者でもおいしく食べられるインスタントラーメンの作り方を紹介する。

基本的にはインスタントラーメンの作り方と同じだ。

1 鍋に湯をわかす。水の分量は450~500ccくらい(適当でOK)。

2 麺を指定時間ゆでる。

3 添付のスープを1/3~1/2ほど入れる。

4 麺だけを箸で深皿や丼に移せば完成。

減塩汁なしラーメン

減塩汁なしラーメン

※醤油、味噌、塩、とんこつ、どの味でもおいしい。
※コショウ、酢、すりおろしニンニク(チューブ)、ラー油、ゴマ油などをプラスすると風味がアップする。
※卵、焼豚、ベーコン、ネギ、モヤシ、キャベツなどを麺と一緒に鍋に入れて調理してもおいしい。具材はアレンジ自在。
※インスタントラーメンは、サッポロ一番のような昔ながらの縮れ麺タイプがおすすめ。

塩分濃度の高いスープを省くのがポイント。

正直、ラーメンは麺だけでもおいしい。

麺にも塩が練り込んであるので、薄味スープが絡むだけでもおいしく食べられる。

最近はこの汁なしラーメンを朝食によく食べている。

簡単に作れて、食べても暑くならないし、普通のラーメンよりも手軽にさっぱりと食べられるのだ。

インスタントラーメンをインドネシアの汁なし麺ミーゴレン風にアレンジした感じ。

とてもおいしいので、ぜひ一度お試しください。

<<後日談>>

『木曜日のフルット』という猫マンガを読んでいたら「鯨井風汁なし麺」のつくり方が紹介されていた。まったく同様の発想だ。

『木曜日のフルット』1巻62ページ。

ちなみに鯨井さんは半ノラのフルットが世話になっている無職女子だ。

 

関連記事:シンプル焼きそば

 

-飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スリランカのまぐろカレー

2番目に作ったスリランカカレー 職場のスリランカ人からおしえてもらって作ったじゃがいもカレーは大成功だった(参考記事:スリランカ人からスリランカカレーの作り方をおそわった)。 スリランカ人のTさんはじ …

セロリと椎茸の炒めもの2

フライドセロリはおいしい?

もっとセロリをおいしく食べる方法は? セロリの独特の香りが好きで、あの匂いを嗅ぐと無性にセロリを食べたくなる。 でも食べるとセロリは思ったほどおいしくない。 そこにいつもジレンマを感じる。 なんとかセ …

シンプル焼きそば

シンプル焼きそば

お客さんから教わったシンプル焼きそば 某スーパーで試食販売中に、お客さんからシンプル焼きそばのレシピを教わった。 忘れないうちにさっそく作ってみた。 本当にシンプルすぎる変わったレシピなので「オリジナ …

下北沢カルパシ

カルパシ/下北沢

下北沢の駅前劇場にチャリT企画の『絶対に怒ってはいけない!?』を見に行った。 舞台を見る前にランチを。 下北沢は不案内なので、インターネットでランチ情報を調べると、下北沢はカレーの激戦区だと書いてあっ …

腐ったしじみ

スーパーにクレームをつける!?

ある晩8時ごろ、某スーパーに買い物に行った。 家から徒歩15分ほどの場所にあり近いとはいえないが、鮮魚コーナーの品揃えが魅力的なので月に何度か足をはこぶ。 この日は刺身と島根県産のしじみを買った。 し …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com