なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

イギリス

ある詩人への挽歌/マイケル・イネス

投稿日:2022年3月7日 更新日:

(※ネタバレありです)

『ある詩人への挽歌』は評判のよいスコットランド・ミステリーだが、私にはあまりピンとこなかった。

スコットランドが舞台なのはうれしかったが・・・

当初『ある詩人への挽歌』で描き出される事件はシンプルに見えた。

クリスマス・イヴ。

雪が降りしきるスコットランドの村外れのエルカニー城で、城主ラナルド・ガスリーが塔から落ちて死亡した。

事故か? 自殺か? 他殺か?

事故現場がスコットランドランドの古城なので、作中で描写される城の内外の様子がうまく把握できないことが私を苦しめた。

「胸壁」(battlement?)などの城用語をインターネットで調べて画像検索しても、それでも城の構造がはっきりわからない。

城主が生活している塔の内部の構造が、謎解きの重要な要素になっているにもかかわらず・・・

また『詩人への挽歌』は登場人物が多く、そのほとんどが日本には存在しないような風変わりな人たちだ。

だから面白いともいえるのだが、古城の城主って・・・!? 

職業「靴直し」の老人ユーアン・ベル。

城主の「被後見人」(同居して世話をみてやっている若い女性)クリスティーン・マザーズ。

クリスティーンの恋人ニールは、ロミオとジュリエットばりに長年にわたってガスリー家と憎み合っているリンゼイ家の息子だ。

エルカニー城の使用人1は、紳士とはほど遠く、今にも喉を切り裂きに襲ってきそうな”悪党”ハードカスル。

使用人2は、ハードカスルよりかなり年上で見た目は魔女、痴呆気味で目が見えないハードカスル夫人。

使用人3は、イギリスの作品によく出てきがちな頭のよわい青年タマス。

まるでエリザベス朝の芝居に出てくる道化師や愚者のように自分の気持をどうとでも意味のとれる歌にのせて表わすクセがある。

内部まで暴風が吹きすさぶエルカニー城への闖入者(招かねざる客)1は、アメリカ人女性シビル・ガスリー(城主と同じ苗字だ)。

闖入者2は、イギリス人の金持ちの坊っちゃんノエル・ギルビイ。

事件解決に貢献するのは、エディンバラの弁護士アルジョー・ウェダーバーンと、スコットランド・ヤードの警部ジョン・アプルビイ。

この作品は、5人の登場人物による7つの語り/書き出しによって構成されているので、ますます取っつきにくい感じがする。

またトリックが奇抜で二転三転するので、城の構造がイメージできない問題とあいまって、頭がこんがらがってしまった。

『ある詩人への挽歌』は、本格ミステリー好きをうならせる作品であり、また日本から別世界に頭を飛ばしたい人間にもおすすめの作品だ。

-イギリス,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界中がハッピーにまわってる!

世界中がハッピーにまわってる!この私をのぞいて/ルイーズ・バグショウ

(※ネタバレありです) 『世界中がハッピーにまわってる!この私をのぞいて』という長いタイトル、原題はどうなってるんだろう?と思ったら、’VENUS ENVY’だった。 「ヴィー …

スウェーデンの警察小説が面白い

(※ネタバレありです) スウェーデンの警察小説にはまっている。 ストックホルム警視庁殺人課のマルティン・ベックが主人公のシリーズ全10冊だ。 先日全巻を読了した。 (出版年)(タイトル)1965 ロセ …

『同性婚』by南和行

『同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です』by南和行(祥伝社新書) ◎『愛と法』 映画『愛と法』を見に、渋谷のユーロスペースに行った。 上映前にチラシを見ていると、『愛と法』の主人公の一人、南和行が『 …

買えない本を国立国会図書館に読みに行った

まえがき 池波正太郎の『むかしの味』の中に、以下の記述がある。 当時、木下仙という作家の、モダンな山岳小説……というよりは、上高地のキャンプ小説が好きだったので、上高地では四度びほどキャンプをした 引 …

地の告発

地の告発/アン・クリーヴス

(※ネタバレありです) イギリス・シェトランド諸島を舞台にしたアン・クリーヴスの人気シリーズの7作目。 主人公のジミー・ペレス警部は、亡くなった婚約者フラン・ハンターの娘であるキャシーと一緒に暮らして …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com