なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

人間関係

人としゃべるのが苦手

投稿日:2022年11月21日 更新日:

母親が毒親で子どもの頃から何かしゃべると人格を全否定されてきた。

母親との相性の問題で、今でも私たちは価値観が真逆なのだ。

母親は古来よりの伝統的な生き方が好き。男尊女卑。新興宗教の信者。

私は新しい生き方が好き。多様性を重視。人生の選択肢は多ければ多い方がいいと思う。

私は無口な人間として成長した。

人の話を聞くのは好きだけど、自分のことを話すのは苦手。

たとえば毒親に育てられて暗い性格になってしまったことなど、毒親以外の親に育てられた人に話すけれども絶対に理解されない。

大人になってすら、語る内容を全否定される経験を再びしなければならない。


私が勤める職場の人たちには、おしゃべりな人が多い。

若い男性社員たち(20代〜30代)も、スキあらば気晴らしを求めて(?)パートのおばさんたちと世間話を楽しむ。

何がそんなに楽しいのか、なんでそんなにおしゃべりしたいのか、私には理解できない。

私はしゃべるとミスが増えるタイプなので、仕事中は極力おしゃべりをひかえて、作業に集中するようにしている。

仕事自体が楽しいので、特にそれ以外のことをしたいとは思わない。


朝から夕方まで働く日は1時間の昼休憩がある。

職場の休憩室はとても狭い。

もともと田舎者で密が苦手なので、歩いて広い公園まで行ってお弁当を食べたり、できるだけ広めの店で外食したりする。

今日も外食して、残りの休憩時間は商店街を散歩して時間つぶしをした。

休憩終了の10分前くらいに休憩室に戻って、残りの時間はイスに座ってスマホを見たりしていた。

パートのおばさんAと若い男性社員B、Cの2人もイスに座って休憩したり、事務作業をしたりしていた。

イスはロの字に置かれて皆中央に向く形で配置されている(各席に透明の仕切りがある)。

パートの40代後半の女性Aは開店以来のベテランさんで、30代前半の男性社員Bとはウマが合って仲がいい。

男性社員Bは書類整理をしながらぺちゃくちゃとおしゃべりをはじめた。

その隣りで休憩をとっていた20代の男性社員Cも会話に加わり、あいづちを打ったり、共通の社員の話で盛り上がったりした。

狭い休憩室には私を含めて4人しかおらず、私以外の3人は共通の話題でかなり盛り上がっている。

私は話に入っていけず、あいづちも打てず、スマホでひたすら自分の用事をすませていた。

3人からどう思われているか考えるとこわい。

私が無駄話をせず、ほとんど誰ともしゃべらないことは、パートAさんも、30代の社員Bもわかっているとは思うけど。


今日はおしゃべりにかんしてもう1つ悲しい出来事があった。

この春大学を卒業してバイトをやめた男子学生Dが、久しぶりに店に買い物にきたのだ。

私のレジが空いていたので来るかと思ったら、接客中のパートAさんのレジに並んだので『私は避けられている』と思った。

まあ、ちょっと変な人、困った人だと、彼には思われている自信がある(一緒に働いていたときときどきしゃべったから変な性格がバレている)。

確かに私は極力他人との交流やおしゃべりを避けている。

他人もその嫌厭の空気を察知して、私に近づかないようにするみたいだ(逆に気をつかって?)。

でも『私は好きでこんな人間になったわけではないのに』と悲しくなる。

孤独を運命づけられているように感じるのだ。

それを実感させられる機会が1日に2度も訪れて、今日は珍しく泣きそうになった。

-人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

個食はすばらしい

人とごはんを食べていると、楽しいこともあるが、ストレスを感じることもある。 結婚していると、一緒にごはんを食べるのはあたりまえで、まぁ朝昼はむずかしいけど『夕飯くらいは一緒に食べよう』と努めることにな …

犬 inu

夫は次男体質?(2)

次男の夫は、物心ついたときから、長男である兄の真似をして生きてきた。 「三つ子の魂百まで」という。 幼少のときに頭にすり込まれた体験パターンが、成長してもずっとあとを引くことはある(自分もそうだ。失敗 …

夫が家事をしてくれるようになった(1)

目次妻が家事を90パーセント妻のストライキ夫の不思議な習性夫が家事を40パーセント 妻が家事を90パーセント 結婚して20年以上、妻である私が主に家事をしていた。洗濯、掃除、食料品・日用品の買い物、料 …

夫が家事をしてくれるようになった(3)

今年、夫は「家事をする」という抱負を立てたらしい。 家事の量が過去最大になった。 料理にかんしては、昨年は「週末の夕飯担当」と自分で決めて、買い物して調理するか、仕事が入って時間がないときは出前をとる …

愛という名の支配/田嶋陽子

目次『愛という名の支配』を読んで「男らしさ」と「女らしさ」と「自分らしさ」自分らしく生きるためには? 『愛という名の支配』を読んで 『愛という名の支配』は1992年に出版されたフェミニズム本だ。 約3 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com