なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

生活

コロナ下おうちでキャンプ気分

投稿日:2021年5月4日 更新日:

ホームセンターのチラシをふと見るとテントが特売になっていた。

3000円弱だった。

『テントって、そんなに安いんだ!』と驚き、急激にテントの中で寝てみたくなった。

テント=キャンプといえば夏のイメージだが、このテントはマンションの自室に張るので逆に夏場は暑くてとても寝られないだろう。

とすれば、テントに寝るなら気候のよい今がベスト!ということで、急いでアマゾンで注文した。

部屋がせまいので1人用の簡易テントで十分だ。

最初、手軽なワンタッチテント(チラシではワンタッチシェードという名前だった)が面倒がなくていいと思ったが、アマゾンだと似たような商品がホームセンターの特売価格よりも高く3500円はするようだった。

ワンタッチタイプじゃないので検索すると税込2680円のテントがあったので、それを注文した。

配達されたテントはテントとは思えないほど軽かった。

でも説明書がついていなかったので組み立て方がまったくわからなかった。

しかたないので夫に組み立てを依頼すると、まるで以前このテントを組み立てたことがあるかのようにスムーズに組み立ててくれた。

テントは今までベッドがわりにしていたマットレスの上に置いた(板の間に直接置くと背中が痛い)。

テントの中に寝袋とか毛布を持ち込むととてもいい感じになった。

ずっとその中で本を読んだり、眠くなったらそのまま寝た。

頭のまわりに覆いとか、囲いがあるのはなんとなく安心感があって落ち着くものだ。

その夜はとてもよく眠れた。

翌日も部屋には張りっぱなしのテントがそのままある。

すると、なんとなく自分がキャンプに来ているように錯覚するのだ。

夕方、仕事から帰って、天気がよかったのでベランダの洗濯機で洗濯をした。

洗濯が終わるまで、窓を開けはなって、最近鉢植えした大葉、パセリ、バジル、パクチーにじょうろで水をやった。

外からひんやりした風が入ってきていい気持ちだ。

だんだん外が暗くなり、夜が迫ってくるのが実感される。

この昼間の暑さと夜の寒さが交代する時間に缶ビールを空け、外の様子を眺めながら飲んだ。

視界の中にテントがあるだけで、風も心地よいし、夕暮れもリアルに感じられるし、ビールもキャンプで飲んでいるみたいに美味しい。

ビールを飲んでいるうちに、外も部屋の中も真っ暗になり、キャンプ気分は嫌が上にも高まった。

キャンプファイヤーがあれば最高だが、ないので電気をつけずに風を受けながらスマホをいじった。

家の中に張ったテント

家の中に張ったテント

関連記事:コロナ下トイレに籠城

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ後久しぶりに電車に乗った

目次繁華街に洋服を買いに行くどうしても髪を切りに行けない 繁華街に洋服を買いに行く 夫が「いま流行りのワンピースを買いに行こう」というので、4か月ぶりくらいに地下鉄に乗って買い物に出かけた。 夫はなぜ …

家族/親戚づきあいが苦手

幼少期からずっと毒親(母親)に苦しめられていたので、大人になっても人間に根源的な不信感をいだいている。 親とか子とかと二度とかかわりたくなくて、子どもをつくらない。親になりたくないし、子どももぜんぜん …

スーパーで買い物

母に似たお客さん

目次地方びいき耳寄りな話昔ながらの正しい妻 地方びいき 都内の某スーパーで試食販売をしていた。 ある70歳くらいの女性のお客さんが商品を試食して気にいって買ってくれた。 商品のメーカーについて聞かれて …

社会保険料を安くする方法

目次社会保険料が高くて払えない店長に勤務時間を増やしてもらった会社の社会保険に加入した社会保険加入の5つの条件社会保険料が月額14459円減った! 社会保険料が高くて払えない コロナで前の仕事がなくな …

初めてのダーニング

目次ダーニングとは?初めてのダーニング靴下のダーニング ダーニングとは? ダーニング(darning)という言葉を初めて知ったのは、生活クラブ(生協)が発行している「生活と自治」という雑誌でだった。 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com