なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

生活 飲食

スーパーにクレームをつける!?

投稿日:2021年9月9日 更新日:

ある晩8時ごろ、某スーパーに買い物に行った。

家から徒歩15分ほどの場所にあり近いとはいえないが、鮮魚コーナーの品揃えが魅力的なので月に何度か足をはこぶ。

この日は刺身と島根県産のしじみを買った。

しじみは定価のものと15%引きのものがあり、今夜すぐに食べるからと思って、値引き品のほうを購入した。

「砂抜きして食べてください」とラベルに書いてあったので、ボールに塩水を少し入れてザルをのせ、しじみを重ならないように並べた(ネットに書いてあった砂抜き方法)。

それから冷蔵庫に入れて砂抜きした。

10時半ごろ夫が帰宅したので、しじみを洗って水から煮出し、しじみ汁を作り始めた。

沸騰すると変な臭いがただよってきた。

とっさに『(島根の)宍道湖が汚染されてしまった・・・(ヘドロにまみれてしじみが臭くなった!)』と思った。

『こんなに臭いがきつければ、夫は平気かもしれないが、私は食べれないかもしれない』と不安を感じた。

帰宅後シャワーを浴びていた夫が浴室から出てきて「何この臭い?」といった。

それほどひどい臭いが台所中に立ちこめていたのだ。

「これはダメだから捨てよう。ドブが腐った臭いがする」といわれて、しじみを流しに空けた。

それから家中の窓を開けて、臭いを外に出した。


レジで金額を間違えられるくらいだったらそのまま泣き寝入りすることはよくあるが、買ったものが丸々食べられないというのはひどい。

値引き品とはいえ、スーパーで食べられない食品を売るのはおかしいと思う。

なので、面倒だがレシートと流しに空けたしじみの写真をいちおう撮って、都合がついた3日後の8時ごろにまたスーパーに行った。

レジの高校生の男の子にしじみの件を話し返金してほしい旨を伝えると、「少々お待ちください」といって誰かに確認しにいった。

しばらく待っていると戻ってきて、返金してくれるという。

しかし、返金のレジ操作がうまくいかず、また奥のほうにやり方をききにいった。

今度は上の人と一緒に戻ってきて、やり方をきいて返金してくれた。

上の人は男の子にちょっと説明して奥に戻っていった。

返金したあと、「次回は現物を持ってきてください」といわれた。

たしかに私がウソをいって小金をせしめた可能性も考えられなくもないが、彼らが私と同じ体験をしたらどんな風に感じただろうか?

「しじみの写真を撮ってきました」といったが、それは現物ではないので、関心がないようだった。

腐った商品を販売したのは店側の落ち度だが、上の人も、レジの男の子も、しじみを売った張本人ではないので、悪いとは思っていない様子だ(鮮魚担当者はすでに帰宅したと思われる)。

できればもうこのスーパーは利用したくなく、代わりのスーパーを新たに開拓しようと思った。

 

 

関連記事:尻からラー油事件

-生活, 飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

看護師

協会けんぽから「減額のお知らせ」が来たけど返金されなかった話

11/3に協会けんぽから「医療費のお知らせ」が届いた。 7/6に調剤薬局で支払った医療費に対する減額のお知らせのようだった。 医療費のお知らせを受け取るのは初めてだったので、どうしたらいいかまったくわ …

下北沢カルパシ

カルパシ/下北沢

下北沢の駅前劇場にチャリT企画の『絶対に怒ってはいけない!?』を見に行った。 舞台を見る前にランチを。 下北沢は不案内なので、インターネットでランチ情報を調べると、下北沢はカレーの激戦区だと書いてあっ …

鬼の面で丸かぶり

ひとりで恵方巻を丸かぶり

初めての丸かぶり 2月3日は節分だった。 スーパーに行くと、店内で手作りした恵方巻が販売されていた。 手作りの物に弱いのでついつい1本買ってしまった。 税抜640円だった。 たまたまこの日は夫が実家に …

今年の抱負

1. ひとりでライブハウスに行く 昨年はコロナの年であったが、あちこち街を散歩しているうちにライブハウスとか、アートスペース(音楽/演劇/パントマイム/詩の朗読とか何でも発表できる場所)をいくつか発見 …

セロリと椎茸の炒めもの2

フライドセロリはおいしい?

もっとセロリをおいしく食べる方法は? セロリの独特の香りが好きで、あの匂いを嗅ぐと無性にセロリを食べたくなる。 でも食べるとセロリは思ったほどおいしくない。 そこにいつもジレンマを感じる。 なんとかセ …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com