なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

心臓弁膜症

他院への紹介状を書いてもらった(12/21)

投稿日:2021年12月26日 更新日:

心臓病の症状を自覚するのは難しい

前回の診察が10月12日だったので、約2か月ぶりに循環器内科を受診した。

私の僧帽弁閉鎖不全症は、重症であるにもかかわらず、自覚症状がほとんどない。

「疲れやすい」というのがひとつ。

最近はそれに「胸に違和感/圧迫感がある」というのが加わりつつある。

でも『気のせいかな?』でまだ済ませられるレベル。

この日(12月21日)は、診察の前に心電図とレントゲンをとった。

結果を見た先生の反応は「安心」に近く「自覚症状はないんですよね?」と、前回と症状が変わりないことを確認されて「胸にときどき違和感があります」と言いにくい流れだったので「はい」とだけ答えた。

前回よりお願いしていたセカンドオピニオン用の紹介状を受け取って、診察終了。

紹介状の宛先を変えてもらった

僧帽弁閉鎖不全症と診断されたときは動揺していて、また心臓病にかんする何の知識もないので、セカンドオピニオンを依頼する他院も医者におすすめしてもらった。

とにかく心臓弁膜症は薬では治せず、いつかは手術を受けないといけないので、帰宅後、手術前提でインターネットで情報を集めた。

最先端のダビンチ手術というのがあることを知り、その手術をしてくれる良さそうな病院を特定した。

紹介状の宛先を変えるのは先生に対して失礼あるいは迷惑になるかとも思ったが、自分の心臓を最優先すべき状況なので、紹介状を渡される予定日のひと月以上前に病院の代表電話番号に電話して、紹介状の宛先変更について先生に伝言をたのんだ。

当日、宛先を変更した紹介状を受け取ることができた。

次の病院には1月5日に予約を入れた。

これから手術に向かって動き始めるのだ。

関連記事:僧帽弁閉鎖不全症の手術費用について考える(10/29)

-心臓弁膜症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

のらねこ

僧帽弁閉鎖不全症(重症)(10/12)

9/29にA病院で会社の健康診断を受けて、その場で心臓の精密検査を医師から命じられた。 紹介されたB病院で10/6に心エコー検査を受けた。 検査費用は3500円だった。 10/12に同病院に心エコー検 …

のらねこ

僧帽弁閉鎖不全症の手術延期!!(1/27)

入院前のPCR検査まであと4日、 入院まであと5日、 手術まであと1週間・・・・・・   と、ドキドキしながら過ごしていた1月27日。 病院から電話があった。   留守電のメッセージが看護部長からだっ …

のらねこ

心臓弁膜症の手術から退院まで

【DAY0(手術日)】 朝から飲食飲水禁止。 8:00前に手術着と紙パンツに着替えて、8:10頃にトイレをすませ、8:20頃に看護師さんに案内されて手術室の前まで歩いていく。 8:30入室。 指定され …

のらねこ

心臓弁膜症の手術のタイミングは?(11/12)

心臓手術は早めがいい? 10/12に僧帽弁閉鎖不全症と診断されて、心エコー検査のデータからいうと(最)重症だと告げられた。 エコー検査の技師の所見は「症状があれば手術?」。 対面した循環器内科主任部長 …

のらねこ

心臓手術が近いのに人間関係とかでストレス増大(2/18)

心臓手術前に別件でストレス増大 心臓弁膜症の手術延期から22日が過ぎ、新たな入院日が12 日後にせまってきた。 (※手術が延期されたのは手術担当者である院長がコロナの濃厚接触者になってしまったため) …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com