なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

心臓弁膜症

僧帽弁閉鎖不全症の手術日決定(1/5)

投稿日:2022年1月5日 更新日:

今まで心臓弁膜症にかんしてA病院に3度足を運んだ。

この病院の循環器内科の主任は、なんとも頼りないお医者さんで、気が弱いのか、優柔不断なのか、私の僧帽弁閉鎖不全症の診断結果が出ても、ハキハキと説明してくれなかった。とても不思議な医者だった。

僧帽弁閉鎖不全症は薬で治療することは不可能で、手術が必須。

そのことはわかったので、手術についてインターネットで調べた。

ダビンチ手術というのが最新式で、体へのダメージが少なく、ゆえに入院日数も少なく、しかも再手術の必要がない?あるいは再手術までの期間が他の手術よりも長いという、いいことづくしの手術方法で「これがいい!」と即決した。

ダビンチ手術を実施しているB病院へ紹介状を書いてもらい、今日初めて行った。

採血、心電図、心エコーなどの検査をした結果はやはり前の診断と同じ重症の僧帽弁閉鎖不全症だった。

が、重要なのはここから先で、手術を受けるベストタイミングを心臓外科のエキスパートである先生に教えてほしい。

結局重症度が最高レベル4なので、症状がなくても即手術OKみたい。でも医者からすぐに手術を強要することはできない/しないみたい。

こちらの出方をしばし伺っている。

私が「2/1以降予定が空いている」というと「じゃ、2/1に」と即決された。

やっぱり先生はできるだけ手術させたかったのだな。

日にちが決まると手術前に必要な検査の数々が早速アレンジされた。

再度の採血(午前中3本+午後5本=計8本/日!?)、CT、他院でのMRI・・・

朝10:30から始まって、他院に移動してMRIを受けて、終わったのが夕方6:00くらい。

人生で最も長く病院に滞在した1日だった。さすが心臓病だ。

ただし本日歯医者には行けず、明日以降に持ち越された。

私はアメリカの『グレイズ・アナトミー』などの医療ドラマが好きなので、ドラマに出てくるあれこれを体験できてうれしい。

手術も実は楽しみだ。ドラマの中に入りこんだ気分。

ちなみに今日の支払いは、B病院での諸々の検査費用が15830円で、他院でのMRI費用が7850円+結果のB病院への郵送費が660円=24340円。

協会けんぽの保険証を提示。

限度額認定証は持っているけど使っていない。

手術を受ける来月使う予定。

関連記事:僧帽弁閉鎖不全症の手術費用について考える(10/29)

-心臓弁膜症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

のらねこ

心臓カテーテル検査体験(冠動脈造影)(3/1)

手術再延期 3/1に僧帽弁閉鎖不全症手術のために入院した。 同日、手術に関する新たなリスクが発覚し、3/2の手術は再延期されることになった。 手術の延期は2回目だ。 最初の手術予定日は2/3だったが、 …

のらねこ

心臓に雑音が聞こえる(9/29)

コロナで仕事が変わって以降、初めての健康診断を受けた。 昨年は健康診断を受けなかったので2年ぶりだ。 病院も変わって、ピカピカの最先端な機械がある病院になった。 今まで一度も胃部X線検査を受けたことが …

のらねこ

心臓弁膜症の手術から退院まで

【DAY0(手術日)】 朝から飲食飲水禁止。 8:00前に手術着と紙パンツに着替えて、8:10頃にトイレをすませ、8:20頃に看護師さんに案内されて手術室の前まで歩いていく。 8:30入室。 指定され …

マーベロン28

ピルで心臓手術が再延期に!?(3/1)

3/1に僧帽弁閉鎖不全症手術のために入院して、看護師にお薬手帳を手渡した。 このお薬手帳が問題となり、3/2に予定していた手術は再延期となった。 問題はマーベロン(低用量ピル)だ。 「ピルは血液中に血 …

のらねこ

心臓手術が近いのに人間関係とかでストレス増大(2/18)

心臓手術前に別件でストレス増大 心臓弁膜症の手術延期から22日が過ぎ、新たな入院日が12 日後にせまってきた。 (※手術が延期されたのは手術担当者である院長がコロナの濃厚接触者になってしまったため) …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com