なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

お客さん 試食販売

お客さんの大変な話

投稿日:2019年6月20日 更新日:

孫の母親がわりになったお客さん

某スーパーに試食販売に行った。
平日なのに妙に活気のある一日だった。

試食商品は売れたし、お客さんから結構重たい話を聞いたりしているうちに一日が終わった。

ある80代のお客さんは、以前は牛乳が飲めたのに、ここ3〜4年で体質がかわって牛乳を受け付けなくなったという。

ここしばらくいろんなことがあって大変だったそうだ。
夫を失い、娘を失った。
残された孫たちと婿の世話を自分がすることになった。だから今日もスーパーに買い出しにきている。

同年代の友人は毎日悠々自適に暮らしているのに、この自分の忙しさはどうしたことか。男の子2人だと汚れが激しくて、洗濯もとても大変だ。

とはいえ、1人はアメリカに行って(留学?)少しは楽になった。

下の男の子もある時期から自分と同じように突然牛乳が飲めなくなった。不思議だ。

がんサバイバーのお客さん

もう一人、ディープな話を聞かせてくれたお客さんがいた。

がんになったという。

ところがその女性の顔は晴れやかで健康そうなオーラが出ているのだ。

がんになったら元気になったという。
がんを取ったらそれまで調子悪かった原因が消えてとても体調が良くなったと。

彼女は栄養失調でがんになったという。
炭水化物しか食べてなかったそうだ。

20年間働きづめで、毎日食事をする時間がとれないほど忙しかった。職場で昼食が出るけれど、食べている時間がないのでご飯に味噌汁をかけて流し込む。家に帰れば父の世話、その後は夫の世話で、自分の食事はおにぎりですませていた。

当時は家から駅まで徒歩10分の距離なのにたどりつくまで40分かかったそうだ。背中が丸く曲がって身体が思うように動かない。

体調不良でも、食べていくためにずっと働き続けていた。

75歳の現在は仕事はやめて、付き添いサービスのようなバイトをしている。
また、病院にいる100歳の母親の世話もしている。

つくづく食べるものは大事だと思ったという。

100歳のお母さんはよく食べる人で、朝食を食べたらすぐ昼食のことを気にし、昼食を食べたら今度は夕食のことを気にするような人だという。

-お客さん, 試食販売

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーで買い物

花粉症に苦しんだお客さん

花粉症に紅茶!? 某スーパーで試食販売していたとき、お客さんが昔々、花粉症で苦しんだ話をしてくれた。 お客さんが飲んでいる紅茶の話がきっかけだった。 お客さんは紅茶の茶葉を買って、湯をそそいで紅茶をい …

商売のジンクス

◎まえがき ジンクスって面白いです。 普段みんなあまりジンクスについて大っぴらに話し合わないようです。 たしかに縁起かつぎというのはペラペラしゃべると効果がうすれそうな気もします。 でも現代でもジンク …

熱中症になったお客さん

60代のお客さんいわく・・・ 「お盆なので11日に墓参りに行ったら脱水症状になった。 早い時間の方が涼しいと思って午前中に行った。 草むしりなどしていると汗がとまらず汗だくになった。 その後バスで母親 …

なぜマネキンってわかったの!?

仕事がえりに近所のスーパーに立ち寄った。 チェーン店舗が2軒しかない昔風の小型スーパーだ。 あまり儲ける気はないように見える。従業員が食っていければいいという感じ。 10時閉店なので刺身などは8時にな …

鏡を見る若い女性

中年なのに最近よく若いといわれる

モテ期ならぬほめられ期到来? そろそろ半世紀を生きようかというのに、最近仕事中に異常に「若い」といわれる(同業者やお客のおばさん、おばあさんから。年齢がほとんど変わらない人からも。すべて女性)。 30 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com