なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

お客さん 試食販売

家に帰りたくない?お客さん

投稿日:2019年10月15日 更新日:

某スーパーで試食販売をしていた。

60代の女性のお客さんが試食して、ちょっとおしゃべりして立ち去った。

柄物のウインドブレーカーを着て、動きやすそうなパンツをはいている。

スポーティーな印象のファッションだったので『スポーツをした帰りにスーパーに立ち寄ったのかな』と思った。

しばらくして、また先ほどのお客さんがやって来た。

試食をして、おしゃべりして、商品を買い物カゴに入れてくれた。

お客さんは20分くらいして、また近くを通りかかった。

カートによりかかりながら、店内をゆっくりと巡回しているようだ。

あまりに何度もあそびに来るので、『なんで会計をすませて家に帰らないのだろう?』と、不思議に思った。

店内は寒いし、お客さんはとても暇そうな様子だ。買い物客なのに、あまりスーパーに用事がなさそうな風情なのだ。

なんらかの理由でお客さんはスーパーで暇つぶしをしている。

そして、一箇所に立ちつくして、ほかの店員よりもおしゃべりしやすそうな私を話し相手にえらんだらしい。

ものやわらかな愛想のよい人で、暇ならずっとおしゃべりしてても嫌じゃないタイプ。

だから、お客さんの暇つぶしに、仕事をしながらつきあっていた。

『なんで家に帰らないのかなぁ。家族とケンカでもしているのかなぁ』と、妄想をふくらませつつ・・・

13時から14時まで昼休憩をとって、また定位置に戻って試食販売を再開した。

忘れていたころに、また例のお客さんが登場した。

「スーパーのイートインコーナーで食事をしていったん家に帰ったけれども、やることがないのでテレビを見ていた。テレビを見ながら、またおにぎりを2個食べてしまった」と言う。

家にいるとついついものを食べてしまうので、ふだんは外を歩きまわっている。しかし今日は雨なのでスーパーの店内を歩いているのだ、と説明してくれた。

私はついにお客さんが家に帰らない理由がわかってすっきりした。

お客さんはとくに太っているわけではなく中肉中背に見える。

とても努力家のお客さんなんだなと思った。

また彼女に会いにそのスーパーに働きに行きたいと思った。

-お客さん, 試食販売

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

変なお客さん(掃除編)

◎はじめに 試食販売をしているとたまに変なお客さんがやって来る。 いままで多数の変なお客さんをスーパーで目撃したり、接客したりしたが、ついにTHE MOST変なお客さんに遭遇した。 それは掃除をするお …

黒い靴下問題

◎試食販売の基本的な服装 試食販売の基本スタイルは白いシャツと黒いズボンの組み合わせだ。それにエプロンと三角巾をつける。 スーパーは開放型の冷蔵庫や冷凍庫がならんでいるので防寒対策としてシャツの下に防 …

スーパーの売り場

元マネキン&現マネキン

スーパーで試食販売をしていると、たまに「私も同業なのよ!」と、お客さんからカミングアウトされる。 その瞬間、お客さんに対する緊張感がとけて、リラックスしてしまう。 元マネキン(試食販売員)だった人もと …

熱中症になったお客さん

60代のお客さんいわく・・・ 「お盆なので11日に墓参りに行ったら脱水症状になった。 早い時間の方が涼しいと思って午前中に行った。 草むしりなどしていると汗がとまらず汗だくになった。 その後バスで母親 …

スーパーの売り場

誰にでもタメ口で話しかける人

誰にでもタメ口で話しかける女の子 大学4年生のとき本屋でアルバイトをしていた。 その店のバイトに、どんな年配の社員にでもタメ口で話しかける2歳下の女の子がいた。 「敬語をつかわない変わった人だな」と、 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com