なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

試食販売 生活

ぶにゅっと飛びだすボール

投稿日:2018年3月18日 更新日:

ぶにゅっと飛びだすボール

試食販売が終盤になったころ、きれいな若いお母さんときれいな小学生の息子さんがやってきて、息子さんだけ試食してくれた。そして味を気に入って買ってくれた。

お母さんは試食せず、近くの他の商品をいろいろ見ていた。息子はちょっとヒマで私もちょっとヒマだったのでおしゃべりしていた。すると突然その子がボールを取りだして見せてくれた。テニスボールくらいの大きさのカラフルなボールだ。そしてボールをぎゅっと握ると、ボールにかかってるネットの穴からビー玉のような小さい玉がぶにゅぶにゅっと飛びだしてきた。とても驚いた。

「わーすごい! このボールほしい!」と思ったので、「どこで買ったの?」ときくと「お台場」という。
わざわざボール1個をお台場まで買いにいくのは面倒なので、「ふーん、お台場かぁ・・・。ネットで調べてみるよ」というと、「ぶにゅんとあふれるで検索したら・・・?」という。

「ぶにゅんとあふれる」ではヒットがなかったが、「ぶにゅっと飛び出す ボール」で検索するとなんとか出てきた。

けっこう高いものかと思ったら、ヤフーで1個が127円(税込)だった。でも送料が700
円だ。せっかく送料がかかるし1個127円なので人にもあげようと思って4個注文した(あとで1箱12個セットということがわかった)。

ボールの名前ははっきりしない。ヤフーでは「にぎってつぶつぶレインボーボール」だった。
面白いのでぜひ遊んでみてほしい。

(注1)レインボーボールは12個から販売するということで、注文は一度キャンセルされた。その後12個注文しなおした。まだ届いていない。

(注2)レインボーボールは3/23入荷予定だったものが4月下旬に延期になったと販売者からメールがきた。

(注3)4/8無事到着。12個入りの箱の英語表記は”MESH SQUISH BALL”(メッシュ・スクイッシュ・ボール)となっている。

(注4)商品によっては「メッシュ・スクイシー・ボール」あるいは「ぶどうボール」という表記で販売されている。

(注5)この記事を書いた当初はオンラインの販売店舗が少なかったが、後にアマゾンなどでも幅広く取り扱うようになった。

(注6)ボールをくるんでいるネットははずれやすい。はずれたので家にあった結束バンドで修理した。

富裕区での試食販売

都内の某スーパーで試食販売をした。
まず、従業員用の休憩室で仕込みをしていると、パートのおばさんが「今日はなにを売るの?」話しかけてきた。
それをきっかけに朝から不思議に思っていたことをしゃべってみた。

「この界隈ってレストランがないですね。みんなどこで食事するんですかね?都心に出るんですかね?朝、松屋で朝食を食べようと思ったら、このへんには松屋も、吉野家も、すき家もないんですね・・・」
「たしかに飲食店はないけど、そこのタワーマンションが三角に建っているところに牛丼屋はあるみたいだよ」
「へー」

「このへんはちょっと他とは雰囲気がちがうでしょ?」と、パートさんは続ける。
たしかに駅からスーパーまで10分ほど歩くあいだに牛丼屋はもちろん、食欲を刺激するような店舗、下世話な店舗がまったくない。結局ローソンでおにぎりとチキンを朝食にしてしまったくらいだ。

この日は食卓をオシャレにする食品を売りたかったので、「このお店にはオシャレなお客さんが多い感じですか?」ときくと、「パパさんが多いよ。女の人はネイルしてきれいな人が多いよ」などと、お客さんについていろいろ教えてくれた。
「現代風な人たちが多いんですね・・・」

客層は、店内の商品の品揃え・価格帯、パートさんの話の内容から受ける印象どおりだった。
富裕層が多い。

都内のタワーマンションの住民の中には、衣と住にお金をかけて食の消費を節約という一派がいるが、この界隈のタワーマンション住民は、すべてにたっぷりお金をかけている印象だ。さすが23区一の富裕区。

仕事帰りにも探してみたけど、牛丼屋はけっきょく見つけられなかった。

■にぎってつぶつぶレインボーボール/Lサイズ(新型にぎにぎぶどうボール)12入

にぎってつぶつぶレインボーボール/Lサイズ(新型にぎにぎぶどうボール)12入

関連記事ホンモノの社長令嬢

-試食販売, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーの買い物カゴ

客を値踏みするクセがついた

◎元気に声を出せば売れる? 試食販売の仕事を始めて5年くらいになる。 販売を始めた当初は無邪気なものだった。一生懸命がんばって商品をおすすめすれば、お客さんは買ってくれるものと信じていた。 研修でも「 …

コンビニで封書のグラム数をはかってもらった

◎駅前のコンビニ2軒 最寄りの駅前にコンビニが2軒ならんでいる。 歩いて30秒で移動できる距離だ。 駅出口の目の前にある大手コンビニSの方がいつも混んでいる。 一方のコンビニXにはほとんど客がいない。 …

福の神、あらわる

高級スーパーで試食販売 某高級スーパーでスープの試飲販売をしていた。 高級スーパーはどこもそうだが、一般のスーパーよりもやはり客数は少ない。 この店舗も開店から出足が遅かった。 お客さんが少ないと、当 …

ザルに入れた食器

夫が家事をしてくれるようになった(2)

家事=女の仕事と思い込まない 地方の古風な家庭に育ったので、母親は専業主婦をして夫を支えるのが当たり前だった。 母親は、娘たちも同じ生き方をすることを望んでいた。 「女に学問はいらない」とよく言われた …

持参写真で運転免許の更新をした

免許更新の予約  ある日、運転免許更新のお知らせハガキが届いた。 ペーパードライバーなので講習区分は「優良」。 更新期間は、誕生日までの1か月間+誕生日から1か月間で、合計丸々2か月間だ。 5年前の免 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com