なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

生活 健康 飲食

コロナ第2波の前後

投稿日:

久しぶりの外飲み

6/15(月)-6/21(日)の週は、東京のコロナ感染者数が1日平均30人台だった(*東京都の発表データ参照)。

「コロナはもう終わりかも」と思い、3か月以を上自粛していた外食を久しぶりに再開したのが6月25日。ひとりランチ。

その2日後には近所の小ぢんまりとした店「W」に夫と飲みに行った。

Wはコロナの少し前に新規開店したが、客が付く前に自粛で休業を余儀なくされた不運な店だ。

毎日の徒歩通勤ルートにあるので「このお店、大丈夫かな?」と、ハラハラしながらずっと見ていたのだった。

飲みに行った日は土曜日で、他にも私と同じようにWを「不運な店&穴場」と感じていた人は多いらしく、似たようなカップルが続々と来店してWはにぎわっていた。

コロナ第2波が来た

私の甘い読みに反して、7/6(月)-7/12(日)の週、東京のコロナ感染者数は1日平均160人台となった。

あっという間にコロナ第2波がやって来たのだ。

とはいえPCR検査数の増加という第1波とは違う要因もある。

6/15-6/21の週のPCR検査数は1日平均1600件台、7/6-7/12の週は2900件台だ。

たしかに倍近い。

だが割合からすれば、6/15-6/21は検査した53人につき1人が感染、7/6-7/12は18人につき1人が感染と、やっぱり感染率はアップしているのだ。

一方で、最近は集団感染が疑われる新宿のホストクラブなど、可能性の濃いゾーンを狙いうちして検査しているので感染率が上がるという別の要因もある。

とにかくコロナはわかりにくい。

ともあれ、第2波に対する一般の人たちの警戒心は強まっていると思われる。

いったんコロナが落ち着いた時、気温/湿度が高いということもあり、マスクをしない人がじんわり増えている印象だった(してても暑いのでずらしてたり)。

しかし第2波が勢いを増すにつれて、再びマスク率が90パーセント以上に戻ってきた(某駅前商店街)。

先日、掃除などに使っている除菌ウェットティッシュがなくなったのでドラッグストアに買いに行った。

除菌ウェットティッシュはコロナが始まって以来ドラッグストアの棚から消えていたが、たしかひと月前には買いたい時に買える状態になっていた。

しかし第2波が来たので、人々はまた除菌ウェットティッシュを買い求め始め、棚は見事に空になっていた(ノンアルコールタイプは棚に残っているのでそれを買った)。

とはいえ、駅前商店街の飲食店を外から観察すると、若者は愉快に飲み食いしている。

第2波では、高齢者と若者でコロナに対する反応が2極化しているのかもしれない。

参考記事:東京都内のコロナウイルス感染状況

-生活, 健康, 飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリームチーズのかえし漬け

◎お客さんから料理のヒントをもらう 某スーパーでクリームチーズを販売していた。 60代ぐらいのご夫婦がクリームチーズについて話し合っている。 「このチーズは切って使えるか?」というテーマだった。 なん …

ケバブサンドを作ってみた

ケバブが食べたい 先日、新大久保のイスラム横丁にスパイスを買いにいったとき(「スリランカ人からスリランカカレーの作り方をおそわった」参照)、首尾よくスパイスを買いそろえたあとでケバブ屋さんが目についた …

鬼の面で丸かぶり

ひとりで恵方巻を丸かぶり

初めての丸かぶり 2月3日は節分だった。 スーパーに行くと、店内で手作りした恵方巻が販売されていた。 手作りの物に弱いのでついつい1本買ってしまった。 税抜640円だった。 たまたまこの日は夫が実家に …

シュノーケリング中に溺れた

数年前に沖縄でシュノーケリングを体験した。 現地の業者に申し込んで、若い男性のインストラクターと私と夫で海に入った。 説明されたとおりに自分ではマスクを装着しているつもりなのに、すき間から大量の海水が …

熱中症になったお客さん

60代のお客さんいわく・・・ 「お盆なので11日に墓参りに行ったら脱水症状になった。 早い時間の方が涼しいと思って午前中に行った。 草むしりなどしていると汗がとまらず汗だくになった。 その後バスで母親 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com