なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

お客さん 試食販売

忘れそうなお客さん

投稿日:2018年2月22日 更新日:

“忘れそうな”VS”忘れられない”お客さん

以前「忘れられないお客さん」という記事を書きました。販売員としての私に大きな喜びと満足感をあたえてくれたお客さんの話でした。

反対に「忘れそうなお客さん」とはどんなお客さんでしょうか…?

最近某スーパーで会ったお客さんが貴重な意見を聞かせてくれました。私はその内容を忘れたくないと思っているにもかかわらず、すでに忘れかけています。なので忘備緑として書き留めておきます。

70代男性客のクレーム

70代の男性です。平日昼間のスーパーではやはり女性客の数のほうが多いので男性客は目につきやすいです。昔に比べればかなり増えたと思いますが。

彼は私が試食販売していたウインナーを食べてくれました。スーパーでは同じお客さんが何度も同じ場所を通過します。しばらくしてその男性が向こうから戻ってきたので、また初めて会うお客さんであるかのように楊枝にさしたウインナーを「どうぞ」といって手渡しました。

すると彼が話をはじめました。
「あんたは、もう1回食べさせてくれるんだ。前ここで餃子を売ってたおばさんは、もう1回食べようと思って行ったら「お客さん、さっきも食べたでしょ」といって食べさせてくれなかった。買おうと思って行ったのに、そんなふうにいわれたらもう買う気がなくなる。てめえが金払ってるんじゃないんだから、どんどん食べさせりゃいいのに」

たぶん同じように思っているお客さんは多いと思います。でもこんなにはっきりと気持ちを表明してくれたのは彼がはじめてでした。

今どきのお客さんはクレームなどつけません。嫌なことや不満があっても我慢するのが一般的です。
たとえば販売員が試食させる料理になにか欠陥があっても、「まずい」とか「もっとここをこうしたらいい」と注意してくれる親切なお客さんは100人に1人いればいいほうじゃないでしょうか?
たぶんネガティブなことをいって一瞬でも嫌な空気になるのをさけて、あるいはたんに面倒くさいので、ほとんどの人がだまって立ち去ります。
だから今回のお客さんはとても新鮮でした。

でも今回も直接不満をあたえた販売員に文句をいうのではなく、別の販売員にいうのだから状況は改善しないというか…。
でもたしかにお客さんにかなり失礼な態度をとった餃子の販売員にその場でクレームをつけても逆ギレされるのがおちだったかもしれません。その空気を察知してなにもいわなかったのかも…。それ以前に販売員に怒られたのがすごくショックだったと思いますが…。

お客さんの立場と販売員の立場でそれぞれ言い分があり難しいです。
せめて不満を吐き出したことでお客さんの気持ちがすこしでも晴れれば、嫌な出来事は忘れてくれれば…と思います。

関連記事忘れられないお客さん

-お客さん, 試食販売

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーで買い物

母に似たお客さん

地方びいき 都内の某スーパーで試食販売をしていた。 ある70歳くらいの女性のお客さんが商品を試食して気にいって買ってくれた。 商品のメーカーについて聞かれて答えたりした。 埼玉に本社があるメーカーだっ …

スーパーの売り場

妖怪について熱く語るお客さん

某スーパーで試食販売をしていた。 ちょっと離れた場所には別の試食販売員がいた。 互いの販売場所が近いので、しかもこのおばさんは明るくてとても性格がいい人だったので、ときどきおしゃべりして仲良くなった。 …

試食販売の七つ道具

(一)調理ハサミ 「店頭でナイフ使用NG」のスーパーが多いので調理ハサミは必需品です。肉も魚も野菜も切れます。ただしローストビーフなどはハサミでは切れないのでバックヤードに行ってナイフできれいにカット …

スーパーの買い物カゴ

客を値踏みするクセがついた

◎元気に声を出せば売れる? 試食販売の仕事を始めて5年くらいになる。 販売を始めた当初は無邪気なものだった。一生懸命がんばって商品をおすすめすれば、お客さんは買ってくれるものと信じていた。 研修でも「 …

なぜマネキンってわかったの!?

仕事がえりに近所のスーパーに立ち寄った。 チェーン店舗が2軒しかない昔風の小型スーパーだ。 あまり儲ける気はないように見える。従業員が食っていければいいという感じ。 10時閉店なので刺身などは8時にな …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com