なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

宝くじで6億円当たる夢

投稿日:2021年10月19日 更新日:

このところ自分の心臓病の手術のために『宝くじが当たればいいのに』と思っていたら、夢の中で6億円が当たった。

宝くじ売り場で購入して、そのあとすぐに当選がわかる流れだった。

まるでスクラッチのように。

現実では、ジャンボなどの宝くじを購入してから抽選日まで日にちが空くので、ここで『これは夢だ』と気づけばよかったのだが、気づかなかった。

宝くじを買って、6億なにがしが『当たった!!!』と喜ぶ。

その後、夫と待ち合わせをしていたようで、合流する。

まだ6億円の使いみちを、手術代以外はっきり決めていないので、夫には宝くじが当たったことをすぐには知らせない。

6億円も1人では使いきれないので、1億円は夫にあげてもいいと思う。

が、「6億円当たった」と言うと、夫が使いみちを勝手に考えそうなので、1億円当たったことにして半分ずつ山分けするといいかもしれない。

でも、宝くじが当たったとわかって間もなく目が覚めたので、あっという間に喜びは消えた。

心臓病の手術にかかる費用は保険を適用して150~200万円くらいかな?

現実にはこれが払えないのだから・・・

ハロウィンジャンボで正夢となるか!?!

<<余談>>

ここからは現実の話で、前の会社の同僚に宝くじで6000万円当てた女性がいた。

テレビで宝くじに当たるコツとして、朝晩のトイレ掃除が紹介されていたそうだ。

実践したところ本当に当たってしまったというウソのようなホントの話。

宝くじに当たったのは何年も前の話で、当選金は家族で山分けして、彼女の手元には今は1円も残っていない。

もう一度当てようと、またトイレ掃除をしているそう。

<<追記>>

宝くじは2枚ともハズレだった。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

池袋の夢

◎池袋の夢 池袋で夫と2人で料理屋を始める夢をみた。 ある日夫が自室に入って出てきたときにはチマチョゴリを着ていたのでビックリした。 濃いピンク色のチマチョゴリで、なぜか似合っている。 私たちはなぜか …

コロソマ・カメ・ペンギンの夢

ふと部屋にそれがあることを思い出した。 かなり長い間カーテンを閉めっぱなしにして部屋の奥に放置していたのだ。 水槽の存在自体が頭の中から消えていた。 水槽の高さは自分の背丈くらいあった。 一般家庭では …

サンドイッチ

夢また夢

夫の実家に滞在する夢 年末年始を先取りする夢を見た。 夫の実家でお姑さんがいろんな料理を食べさせてくれる。 サンドイッチ、お好み焼き・・・ 提供される品数が多くて食べ切れない。 私たち夫婦にあてがわれ …

ワニ

変質者に襲われる夢

私は誰かを探して川べりを歩いている。 ずっと歩いているうちに暑くなってきたので、浅瀬の水の中を歩き始めた。 これは選択ミスだった。 浅瀬は思ったよりも深くなるし、左手のもっと深いところにはワニがいるの …

豆菓子

夢の断片

母親がでん六に言及する夢 毒親だった母親が夢にでてくると目覚めが悪い。 母は、知り合いのおじさんについて話していた。 「あの人はいつもでん六の豆を食べとってんよ」 私は東京に来るまで「でん六」という名 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com