なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

試着室を出るときズボンをはき忘れる夢

投稿日:2023年5月10日 更新日:

仕事に行くときになんらかの衣類が必要になり、目に着いた洋服屋で商品を見て、試着したりした。

なかなか思うようなデザインの服が見つからず、通勤しながら何軒もの洋服屋をハシゴして、欲しい服を探した。

ある大きめのお店では、1階で机に座って男性が事務をとっていた。

女性店員も複数いて、朝なので忙しそうに商品整理をしていた。

私は1着の服を選び、店内の階段をのぼって2階の試着室に移動した。

階段の途中の上の方に棚があり、ほどよい大きさの頑丈な箱が置かれていた。

なにかの拍子に、私の一部があたってしまったのか、箱が3つ落ちてきて、フタに折れ目がついてしまった。

そのことはさっき商品整理をしていたベテランの店員さんに伝えた。

その後も何軒かまわり、ある店を出たあとに、自分が身につけていた黒いズボンをはいていないことに気づき、あせりまくった。

どの店の試着室に忘れてきたのかさえ分からない。

出勤時間は迫っているし、絶対絶命のピンチだ。

・・・という夢を見た。

夢占い的に忘れ物は、

「時間的な余裕のなさ、制約のある生活状態を反映しているイメージ」

という記述があった。

引用元:↓このブログ内
https://natukifm.hatenablog.com/entry/2014/02/15/085154

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

宝くじで6億円当たる夢

このところ自分の心臓病の手術のために『宝くじが当たればいいのに』と思っていたら、夢の中で6億円が当たった。 宝くじ売り場で購入して、そのあとすぐに当選がわかる流れだった。 まるでスクラッチのように。 …

試食販売をする夢

休日の朝、2度寝した2時間弱の間に見た夢。 コロナが始まるまでは試食販売の仕事をしていた。 コロナ以後仕事がなくなり、別の仕事をしているが、今朝久しぶりに夢の中で試食販売をした。 どこか知らない町の大 …

池袋の夢

◎池袋の夢 池袋で夫と2人で料理屋を始める夢をみた。 ある日夫が自室に入って出てきたときにはチマチョゴリを着ていたのでビックリした。 濃いピンク色のチマチョゴリで、なぜか似合っている。 私たちはなぜか …

イグアナと触れあう夢

水族館みたいな施設に入った。 1つの部屋の中に池があり、私と知らない女の子は入場料を払って入った。 水生生物と触れあえることを期待しつつ、水に濡れないように岩盤の上に座っている。 屋外の自然そのものの …

ピザ

たくさんのピザを焼く夢

いま住んでいるマンションの一室ではなく、最初は観光案内所みたいな場所にいた。 70代くらいのおばさん3人組がいる。 用事をすませて出ていくかと思ったけど。 私はそこでオープントースターを予熱してピザを …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com