なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

家に人を泊める夢

投稿日:

夜、遅めの時間。

私は人が泊まりに来るのを待っている。

こういう時、夢の舞台は実家に移動している。

いま住んでいる東京のマンションが、よく知らない夫婦2人を泊めるにはあまりに狭すぎるせいかもしれない(2DKに2人暮らし)。

私は実家の2階で、待っていた夫婦が到着した気配を感じて、1階に降りていく。

そんなに親しくないけどたぶん事情があり今夜泊めることになった夫婦は、玄関ではなく、玄関を裏手にまわった洋間の裏窓側から現れた。

よく知らないとはいっても、泊まりに来た妻のほうは、私が働いている店にたまに来るお客さんに見える(40代、小柄、痩せ型、メガネをかけている。黒くて長めの髪を1つに結んでいる。シャツにひざ丈のタイトスカート。お客さんのいつものスタイル)。

夫のほうは店では見たことがない。

背は高め。痩せても、太ってもいない。40代、短めのくせ毛、メガネをかけている。

夫のほうは夢の中ではしゃべらない。

窓から現れた女の人に、私は寝る場所を案内する「階段を上がってすぐ右の部屋」。

この部屋は実家で暮らしていた頃の私の部屋だ。

訪問者の妻のほうは私と同じ部屋で寝るらしい。

夫のほうは別の部屋で寝るらしい。

両親も家のどこかにいると思うが夢には登場しない。

「家に人を泊める」という一瞬の夢だったが、夢占いを検索してみた(訪問者の妻が現れたところで目が覚めてトイレに行った)。

以下のような意味があるらしい(恋愛系は興味がないので割愛)

・新しいものを受け入れる
・他人に頼られたり、甘えられたりすることが非常に重く感じられる
・思いがけない展開によって、わりと高額の臨時収入が得られそう

https://w.yumeuranai.jp/dic/dic.php?cd=083620

先日見た夢の夢占いにもあったが、「新しいこと/もの」というのがポイントなのだろうか?

前回の夢を見て、新しいことを始めたほうがいいかと思い、夜の散歩に行っている。

暑くなる前(心臓病の手術前)にもランニングをしたり、ウォーキングをしたりしていたが、最近は涼しくなり気候がいいこともあり、夜遅めの時間に散歩に出かける(21~24時頃)。

私はもともと夜型人間で、夜更ししたり、夜のひんやりした街を歩くのが大好きなのだ。

夢占いの解釈としては、「他人に甘えられたりすることが非常に重く感じられる」というのはあてはまる。

最近、夫が私にべったり甘えすぎることが原因で夫婦げんかをしたばかりだ。

いちおう仲直りはしたが、仲良くすると夫はまた私に甘えてくるのでクールに接している。

でも夫に厳しい態度であたることに、私は罪悪感を感じてしまうのだ。

夢は「罪悪感を感じなくていい」というメッセージだととらえることができる。

3つめの「割と高額の臨時収入が得られそう」というのは良いお告げだが、「思いがけない展開によって」という部分が難しい。

というのは、いま私は臨時収入が入るのを期待して待っているところだからだ。

加入しているがん保険が9月末で5年になる。

5年間がんにならなければ祝い金(10万円未満)がもらえる保険に加入したつもりだが、本当にもらえるのかよくわからない。

保険証にその件にかんする記述が見えないので。

がん保険と一緒に医療保険にも加入した。

こちらは5年目の4月に心臓弁膜症の手術を受けて給付金をもらったので、健康祝い金(10万円強)は受け取らなかった。

入院・手術給付金のほうが金額は少し多かった。

関連記事:心臓に雑音が聞こえる(9/29)

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

巨大魚

複数の巨大魚を飼う夢

複数の巨大魚を飼う夢(1) 昨夜は久しぶりに雨が降り、夜エアコンなしでも「涼しい」と感じた。季節が夏から秋に移行しようとしているようだ。 明け方、奇妙な夢を見た。 私は家で複数の巨大魚を飼っている。な …

和式トイレ

トイレを掃除する夢

お姑さんと久しぶりに会っている。 お姑さんは知り合いの顔を見つけて話しかける。 お金持ちの知人から少しお金を借りたらしい。 その人は何のためらいもなく、気持ちよくお金を貸してくれた。 お姑さんと歩きな …

サンドイッチ

夢また夢

夫の実家に滞在する夢 年末年始を先取りする夢を見た。 夫の実家でお姑さんがいろんな料理を食べさせてくれる。 サンドイッチ、お好み焼き・・・ 提供される品数が多くて食べ切れない。 私たち夫婦にあてがわれ …

夢で江戸時代にタイムスリップ

江戸時代の夢を見た 最近二度ほど、なぜか江戸時代の夢を見た。 今朝の夢は、最初は現代から始まった。 よく見る日常生活の延長線上にある夢だ。 夢の始まりは現代だった 私はマネキン会社の懇親会に行く予定が …

コロソマ・カメ・ペンギンの夢

ふと部屋にそれがあることを思い出した。 かなり長い間カーテンを閉めっぱなしにして部屋の奥に放置していたのだ。 水槽の存在自体が頭の中から消えていた。 水槽の高さは自分の背丈くらいあった。 一般家庭では …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com