なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

試食販売

偏食の子供を心配するお母さん

投稿日:2019年1月4日 更新日:

◎肉が苦手な子供

某スーパーでスペアリブの試食販売をしていた。

お母さんと4歳くらいの男の子がやってきた。

大半の子供は肉が大好きなので、いちばん大きく切った肉の塊を小皿にのせてつまようじを刺して手わたした。

子供はお肉を口いっぱいに頬張ってうれしそうに見えたが、お母さんが「ふだんは肉を食べないんですけど」というので驚いた。

試食販売はスーパーにおけるミニ屋台みたいな存在なのだろうか?
子供はその非日常性にひかれて、家では食べないものを喜んで食べるというパターンがときどきある。

肉が嫌いな子供が、調理のにおいにつられて、肉に引き寄せられ、「食べたい」といって積極的に口にする。

子供は食べるのに時間がかかるので、その間お母さんと雑談をかわしていた。

肉が嫌いだというので、「じゃあ、お魚が好きなんですか?」と聞くと「NO」という。「野菜は?」と聞くと「NO」という。「じゃ、なにを食べているんですか?」と好奇心でたずねると「なにも食べない」「豆とか芋を食べている」という答え。

他人事なので、「でもいずれその時が来たらいろいろ食べ始めますよ」といい加減なことをいうと、「そうですかねぇ・・・」と、お母さんはすごく心配そう。

私には子供がいないのでその気持ちはわからない。

でも、今回積極的に肉を食べにきてくれたことからもわかるように100%食べれないわけではないのだ(げんに今食べている)。

そして突然の「ひき肉は食べるんですけど・・・」というお母さんの告白に耳を疑った。

試食する子供の中には、肉が好きだけどなかなか飲み込めない子供がいる。そのことをお母さんにいった。

肉のにおいや味がきらいなのではなく、問題は喉の細さ・キャパシティなのではないか?

そう気づいたので、肉をやわらかく煮た後で、小さく切って子供さんに与えては?と提案してみた。

たぶんどんな肉でも、ひき肉のサイズにしたら喉につっかえずに飲み込めるはず。

おうちで試して、うまくといくといいな。

◎野菜が苦手な子供

別の日にスーパーで野菜の試食販売をしていたときもこんなことがあった。

野菜炒めを子供が「食べたい」といって「おいしい」といいながら食べているので、野菜が好きなのかと思ったら、野菜が苦手な子供なのだとお母さんがいう。

そのときはニンジン、ジャガイモ、玉ネギ、ピーマンを細切りにして炒め、市販の野菜炒めのタレで味付けしていた(野菜売り場で野菜のそばに置いてあるもの)。

とてもカラフルな野菜炒めなので子供がつい手に取ってみたくなる気持ちもわからなくもない。

そして子供は食材を食べやすく小さく切ってあるほうがたぶんたくさん食べられる(小さく切ってあっても子供は大人に比べて食べる速度がとても遅いと思う)。

子供が野菜を食べないときは、材料を小さく切ったカラフルな野菜炒めを試してみてはいかがでしょうか?

-試食販売

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ

3つの忘れ物

1.傘 某スーパーに試食販売の仕事に行った。 ふと、前回来たときに、この店に傘を忘れて帰ったことを思い出した。 Googleで店舗名で検索すると、前回の訪問日が自動的に表示された。それは2か月前のこと …

大企業で働くのは大変

◎はじめに 普段は一人でスーパーに行って朝から晩まで試食販売の仕事をしているが、この夏、登録しているマネキン会社からいつもと違うタイプの仕事を依頼された。 スーパーではなく某大手食品メーカーの本社に出 …

小型の試飲用コップ

コップを捨てて!

某スーパーでジュースの試飲販売をしていた。 70代くらいの女性のお客さんがジュースを飲んだ後「このコップもらうね。子供のオモチャにするから」と言った。 おばあさんの場合が多いが、たまにもったいながりや …

ウインナーが売れなくなった

◎ウインナーが売れなくなった マネキン(試食販売)の仕事を始めて5年が経過した。 仕事に慣れてストレスが減ったように思っていたが、風向きが変わった。 いちばん売るのが簡単なウインナーがとつぜん売れなく …

愛知出身のお客さん

某スーパーで東海地方の食品を試食販売中に、愛知出身という女性のお客さんが話しかけてきた。 肉の話になって・・・ 客:「肉で、いちばん食べるのはやっぱ鶏よね」 私:「名古屋コーチンが有名ですけど、日常的 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com