なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

生活

おすすめ快眠グッズ

投稿日:2018年1月31日 更新日:

◎布団

おすすめは寝袋です。
布団よりも包まれ感があります。暖かいし、安心感もアップして安らかに眠れます。

布団からはみだす心配がないのもおすすめポイントです。

私が使っているのはColemanの登山用軽量タイプの寝袋です。
サイドにファスナーが1本ついているので、暑くなったら片側を開放して温度調節することができます。

冬は寝袋の下に布団とかマットを敷くと暖かさがアップします。

私は古くなった掛け布団を縦半分に折って敷いています(部屋がせまいので省スペースのため)。

寝袋の上にはタオルケットをかけています。
ずれ落ちると寒くなって目が覚めるので、うすいけれども多少の防寒効果はあるようです。

もっと寒くなれば掛け布団を導入するかもしれません。

寝袋の中が暑すぎるシーズンは寝袋を掛け布団がわりに上にかけて寝ます。

寝袋をかけると暑いシーズンは寝袋を敷き布団かわりにしてその上に寝たりします(とにかく寝袋が気に入ったんですね)。

本当に暑くなってしまったら仕方ないので寝袋は押入れに片付けます。

あまり一般的ではない寝具ですが自分では満足しています。布団からはみだしたり、横のすきまから冷たい空気が入ったりしないのでずっと朝まで暖かく幸せに眠れます。とてもおすすめです。

◎まくら

まくら選びは本当にむずかしいです。
今まで使用したまくらの中でいちばん高かったのは、肩こりに良いという特殊な形状をした4000円くらいのまくらです。インターネットで購入しました。まくらの中に入っている短いストロー状の詰め物の量を調節することで自分好みの高さにカスタマイズできます。
が、とくに肩こりがなおったということはなかったです。

ちょっと前まではイケアのクッションをまくらとして使っていました。
むかし1個500円で買ったものです。長年ソファーのクッションとして使われていてもうぺちゃんこです。
ソファーを処分してあまっているものをまくらとして採用しました。
横長の形状なので半分に折って頭の下に入れるとちょうどいい具合です。タオルケットをまくらカバーとして巻いています。

最近はイケアのクッションを処分して、大判のバスタオルを適当な厚さに折って何枚か重ねて高さを調節してまくらがわりにしています。
いろんな厚さ、かたさのバスタオルを気分によって使いわけています。

むかしマッサージの施術者から、頭のまわりをふわふわのタオルでくるむと眠りやすくなるとアドバイスされました。
たまにやってみています(顔のところはだして)。

◎首まわり対策

布団に入ると肩から下はとても暖かいですが、首まわりがスースーすることってありませんか?

首まわりにショールなどを軽く結んで寝ると朝まで暖かく眠れます(寝袋とショールですきま風を防ぐ)。

私はかなり大きいショール(70×175cm)を首に結んでいます。
暑くなったら輪っか状態のまま外して脇に置き、寒くなったらまたはめます。

◎快眠グッズ

・耳栓

快眠に耳栓は必須です。

うちのまわりは比較的静かな住宅地で騒音とは無縁ですが、ときどき大きな声をだす人やセキをする人がいたり、自転車を運転しながら大声で歌う人が通りすぎたり、道路むかいのマンションで中国人夫婦の大ゲンカが始まったり、子供がふざけて騒いだりと、突発的に大きな音が耳につきます。

この物音で眠りを妨げられたくないと思います。

耳栓をしていても目覚まし時計の音量は耳に届きます。

耳栓をしているとさまざまな音が限りなく小さく、遠くで聞こえる感じになります。
完全に無音ではないけれどもいい感じです。

体調によっては、たまに耳の中に圧迫感を感じることがあり、そういうときは外すと気持ち良く眠れます。

いつも頭のそばに4つぐらい転がしておいて、付けたり外したりして調整しています。

百均も含めいろいろ試しましたが、どのドラッグストアでも一押しの4個500円くらいの黄色の耳栓がやはり使い勝手がいいようです。

・アイマスク

シンプルなアイマスクも有効ですが、最近大人気の「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」もおすすめです。

すべての香りを試してみて完熟ゆずがいちばん好みでした。

以上、フル装備すると人には見せられない寝姿になりますが、快眠の探求者にはおすすめです。

※私は寝つきの良い夫と一緒に寝ると逆に眠れなくなるので最近は一人で寝ています(ゴソゴソ快眠グッズの微調整もしやすい)。

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

星座早見盤

コロナ下、星座早見盤

星空観察にはまる 東京の賃貸マンションの自分の部屋から東の空にとても明るい星が1つ見える。 「きれいだな〜」「すごく光ってるな〜」と思いながら、夜ベランダに洗濯物を干しながら眺めたりする。 ずっと眺め …

収納ケース付きモッぷ

掃除が嫌いな人におすすめの便利グッズ

掃除が苦手で嫌い。 苦手だから嫌いなのだと思う。 掃除してもきれいにならない空しさが大嫌い。 しかし、そんな私に助っ人が現れた。 ある日、マンションにダスキンの人がやって来て、レンタルモップのお試しを …

コロナ後久しぶりに電車に乗った

繁華街に洋服を買いに行く 夫が「いま流行りのワンピースを買いに行こう」というので、4か月ぶりくらいに地下鉄に乗って買い物に出かけた。 夫はなぜか女性用の洋服を見たり選んだりするのが好きで、一人で気に入 …

犬

リアルドッグトレーナーを見た

アン・タイラーの『アクシデンタル・ツーリスト』を読んだのは10年以上も前になる。 『アクシデンタル・ツーリスト』は小説に出てくる旅のガイドブックのタイトルだ。 新しい土地に好きで観光に行く旅行者ではな …

睡眠

分割睡眠派の自分

夜型人間 遅くとも中学生の頃には夜型人間の傾向があらわれていた。深夜ラジオのオールナイトニッポンを聞きながら夜更かししていた。 ある記事で、入眠までの一般的な平均時間は6分だと書いてあって、ひっくり返 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com