なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

夢で江戸時代にタイムスリップ

投稿日:2019年4月7日 更新日:

江戸時代の夢を見た

最近二度ほど、なぜか江戸時代の夢を見た。

今朝の夢は、最初は現代から始まった。

よく見る日常生活の延長線上にある夢だ。

夢の始まりは現代だった

私はマネキン会社の懇親会に行く予定がある。

懇親会ではイベントとしてプレゼント交換が行われる。

家にあったあんみつ缶の詰め合わせセットがちょうどよさそうだと考え、持っていくつもりだった。

しかし、ふと賞味期限を確認すると、2019年3年xx日と書いてあった。

今は4月。賞味期限切れのものをプレゼントにはできない。

あわてて別のプレゼントを買いに出かけた。

いつの間にか舞台は江戸時代

もう日暮れで、開いている店のほうが少ないくらいだった。

急な坂道の両脇に小さな店が並んでいる。

明かりがともっている雑貨屋をのぞいてみた。

プレゼントというのはいつも「コレ」というものがなかなか見つからない。

商品をジロジロ物色した。

懇親会のメンバーは女性なのでポーチなんかいいかもしれない。

金額に上限はなく、といってあまり高価なものを選ぶと場違いだろう。

店内には店員のショートカットの若い女性がいた。

奥には男性の店長らしき人がいる。

女性はいろいろと商品をすすめてくれるが、どれもちょっと趣味が若すぎるようだ。

プレゼントの対象者は60~65歳くらいを想定している。

店内の雑貨を二部屋ぶん見て、次の部屋に入るとそこは江戸時代だった。

すっきりとした畳敷きの和室に屋敷の主人(殿)と家来が相対して座っていた。

部屋の外の廊下には奥様が下女と共に正座して控えている。

私はいつの間にか着物を身につけて、その屋敷の新入りの奉公人の役になっていた。

大事な話し合いの場に不用意に足を踏み入れてしまった状況だ。

奥様に気づかれ、廊下に呼ばれ、小声で説教された。

あとで、江戸時代の自分の呼び名は何だろうと気になった。

でも名前はなかったようだった。

たぶん奥様は「その方、こちらへ」と呼びよせたのだった。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

がっかりな初夢

私は美容院でシャンプーしてもらっていた。 担当者はタモリ倶楽部・空耳アワーの安斎肇氏だった。 終わって会計の時3000円と言われて5000円札を出すと、お釣りがないらしく1000円札2枚のかわりに安斎 …

やかん

元親友の職場の同僚と飲む夢

元親友N(小学生の頃からの友人)の職場に遊びに行った。 夜なのにNは忙しそうに仕事をしていた。 夢の中でなんの会社かはっきりわからないけど、たとえば設計事務所で、Nは紙かなにかで小型の模型を作っていた …

池袋の夢

◎池袋の夢 池袋で夫と2人で料理屋を始める夢をみた。 ある日夫が自室に入って出てきたときにはチマチョゴリを着ていたのでビックリした。 濃いピンク色のチマチョゴリで、なぜか似合っている。 私たちはなぜか …

UFO

家に人を泊める夢

夜、遅めの時間。 私は人が泊まりに来るのを待っている。 こういう時、夢の舞台は実家に移動している。 いま住んでいる東京のマンションが、よく知らない夫婦2人を泊めるにはあまりに狭すぎるせいかもしれない( …

同性との恋の夢

少し春めいてきた。 春は寝ても寝ても眠い季節らしい。 先日は昼12時からの仕事に寝坊して遅刻してしまった。 今度からは10時起床のときも目覚まし時計をかけることにした。 2時前には寝たのに・・・ この …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com