なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

のらねこ

ねこおばさん

週末某スーパーに試食販売の仕事に行くと、近くの売り場で別の販売員のおばさん(推定60代)が肉の試食販売をしていました。 職業柄なのか、販売員にはフレンドリーでおしゃべりな人が多いです。話しかければその …

スーパーの売り場

誰にでもタメ口で話しかける人

目次誰にでもタメ口で話しかける女の子マネキンはなれなれしい!? 誰にでもタメ口で話しかける女の子 大学4年生のとき本屋でアルバイトをしていた。 その店のバイトに、どんな年配の社員にでもタメ口で話しかけ …

コロナ後久しぶりに電車に乗った

目次繁華街に洋服を買いに行くどうしても髪を切りに行けない 繁華街に洋服を買いに行く 夫が「いま流行りのワンピースを買いに行こう」というので、4か月ぶりくらいに地下鉄に乗って買い物に出かけた。 夫はなぜ …

サル/ゴリラをとおして見る自然

目次1. 『霧のなかのゴリラ』(ダイアン・フォッシー著)2. 『サルと歩いた屋久島』(山極寿一著)3. 『ココ、お話しよう』(F.パターソン+E.リンデン著) 1. 『霧のなかのゴリラ』(ダイアン・フ …

佐藤優へのおすすめ入門書

佐藤優(著)『国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて』 目次感想/あらすじ主人公:佐藤優『国家の罠』を書いた動機読みどころ鈴木宗男事件 感想/あらすじ 本書を読んでの感想は「事実は小説よりも奇なり」 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com