なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

ひとりランチ ラーメン

ラーメン無邪気 自由が丘駅南口店

投稿日:2018年3月27日 更新日:

ホームの豚骨臭のもとを食べた

自由が丘駅ホームの豚骨臭の本体、無邪気のラーメンを食べた。

お店は新しくきれいでまったく店外に臭いがもれていなかったので「ほんとにここかな?」と思いながら入店した。

店内はまさにあのホームの豚骨臭で満たされていた。

ラーメンは730円。
麺のかたさ・味の濃さ・あぶらの量は普通にした。

この臭いは九州系の豚骨ラーメンだと思ったが、無邪気は九州系ではない。ようは豚骨のにおいなのだな。

ネットに無邪気=家系説もあり、海苔やほうれん草といった具材がいかにも家系に見せる。

だが、店内にはってある古い店舗の写真を見ると、家系が生まれた1974年よりもっと古い時代に撮られたものに見える。

感想

スープは、濃厚で豚骨臭が強い。九州豚骨みたいに白濁していない。醤油味はそんなに強くない。豚骨のエキスや脂がきれいに混じりあった大変味のよい美しいスープだ。

麺は、太め、かためで、ゆるいウェーブがある。どちらかといえばボソボソした食感。太いのでゆで時間は長め。

チャーシュー、海苔、ほうれん草、長ネギがのっている。これらは飾りというか、味はそこそこ。

あの存在感のある豚骨臭が示しているように無邪気のラーメンはスープが命なのだ。

口あけの客で一人っきりだったので、出てきたラーメンの盛り付けがまるで写真撮影用のラーメンみたいに美しかった。

恥ずかしいので撮る予定はなかったが、なんだか逆に撮ることを期待されているような気がして、ちょっとつついたネギをのせなおして1枚撮った。

ラーメン無邪気

店に入ってから出るまでわずか15分だった。

意外にも、自由が丘駅はラーメン激戦区らしい。今月はもう1日こっち方面で仕事があるので、寄り道して次は博多吉もんを攻めようかと思う。

関連記事九州らーめん博多吉もん/自由が丘

-ひとりランチ, ラーメン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピザトースト

フジ/高島平

ランチはピザトースト 高島平でランチ。13時すぎ。 朝、駅前を下見して目をつけていた喫茶店に入った。 ナポリタンとか、ハンバーグとか、あるかと思ったら、いちばん重い食事メニューはミックスサンドだった。 …

大島のサンテルモのエビピラフ

サンテルモ/大島

大島中央銀座通りでひとりランチできる飲食店をさがしていた。 中華料理店が2軒あったけどいつも食べてるのでパスして、ずっと歩くと、サンテルモという喫茶店があった。 入ると目の前のカウンターに人がぎっしり …

麻婆茄子

囍龍飯店/大島

ダイエー東大島店の近くでひとりランチできる店を探した。 新大橋通りを西に向かって歩いていくと、中華料理を発見。 農家苑と、その隣りも中華料理店の囍龍飯店。 どちらに入るか、かなり悩んだ。 両方店頭にメ …

地下鉄赤塚のコーヒータイムのコロッケパン

コーヒータイム/地下鉄赤塚

もう何度も利用している大好きな店。 落ち着いた雰囲気の家族経営の喫茶店。 最初は電車の乗り換えのときに見かけて、古いお店なので「どうなんだろう?(流行っているのか)」と思って食べログでチェックした。 …

大戸屋のばくだん丼

大戸屋/五反田

とても飲食店の多い街・五反田。14時すぎに東口でランチ。それほど空腹感がなかったのでラーメンは重いかなと思った。あと道路を渡りたいときにいちいち歩道橋を利用するのが面倒で、目についた大戸屋に入ってしま …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com