なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

健康

花粉と闘う(かなり軽症)

投稿日:2018年3月26日 更新日:

今年は花粉が早く激しく飛んできた。

世間では花粉との闘いは2月下旬に始まっただろうか?

私はスロースターターなのでのんびり花粉が効いてきて3月初旬に戦闘を開始した。

症状は軽めで鼻水が断続的に、くしゃみがときどきという程度。

最悪、病院で薬を処方してもらうが、今年はまだ病院行きを我慢している(行くのが面倒くさい。病院につかう時間と金がもったいないという理由で。飲むとすごく効くのだが)。

6、7年前はスーパーの社員食堂で調理・配膳をして働いていた。

その頃の社員食堂のメニューに「花粉症対策メニュー」というのが日替わりであった。

花粉対策に効くと思われる食材を取り入れて献立を組み立てているのだ。

例えば、レンコン、ヨーグルト、サバ、アジ、梅干しなど。

他にもいろいろあったが忘れてしまったのでネットで検索したら、無数の食材が花粉対策に有効ということでリストアップされていた。

とにかく勤務日には必ず昼食に花粉症対策メニューを選んで食べていた。

その年は病院に行かずにのりきれた。

翌年も、自分でも積極的に花粉に効く食材を日常的に摂るようにして過ごしていたら病院に行かずにすんだ。

さて今年も、自分の花粉症にいちばん効くと思われるレンコンをなるべくたくさん食べるようにしている。

個人差はあるだろうが、1日に2センチ分も食べればいいようだ。

ただレンコンを毎日欠かさず食べるのはなかなか大変で、けっこう間があいてしまう。

ヨーグルトもできるだけ食べている(これはまだ効果が実感できていない)。

そろそろ鼻の奥のほうとか入り口が痛くなってきた。

だんだん花粉の力が優勢になっているようだ。

花粉症が4月下旬まであとひと月続きそうなので先が思いやられる。

そろそろ屈服して病院に足を向けてしまいそうだ。

食べ物の他に効果が確認されたのは基本的だがマスクだ。

夜、鼻水が出て寝にくいときがある。

マスクをすると鼻水がとまって眠れる。

世の中には花粉症が死ぬほどつらい人がたくさんいる。

しかも病院の処方箋が効かない体質の人もかなりの割合で存在すると聞く。

なにか対策がありそうだが本当に何もなければどうしたらいいのだろう?

(追記)
新聞にスギ花粉舌下錠のことが載っていた。アレルゲンを錠剤にしたものをなめることで、花粉を異物と認識しないように身体をならしていく免疫療法。3~5年かけて治療をおこなうそうだ。

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

目が充血する原因

冬の赤目 この冬は自分史上最悪に目が充血する。 朝起きたときから夜寝るまでずっと両目の白目が充血している。 こんなに長時間目が真っ赤になることは今までなかった。 対処法として一日に何度も目薬をさしてい …

ニッセイの手首式デジタル血圧計

高血圧のその後

10/10健康診断 10月10日の健康診断で初めて高血圧(150-120)と診断されて、11月15日に再検査に行った。 11/15精密検査 この間大幅な塩分制限をして満を持してのぞんだのだが、数値はま …

そのままハトムギエキス(ヨクイニン)

ヨクイニンぜんぜん効果ない

効果ゼロだったヨクイニン 加齢で首にぶつぶつができて、鏡を見るとゲンナリする。 なんとかしたいと思っても、シミと同じでかんたんには消せない。 首のぶつぶつで悩んでいる人は多いらしく、ぶつぶつ対策用の商 …

アレクサンダー・テクニーク

声と姿勢が悪い アレクサンダー・テクニークという姿勢矯正メソッドに関する本を2冊読んだ。 アレクサンダー・テクニークのユニークな点は音楽関係者(声楽家/演奏家)にも幅広く活用されているところだ。 私自 …

お能健康法

お能健康法/井上和幸

『お能健康法』の副題は「すり足と呼吸で身体がよみがえる!」。 能なんて興味がなくて(醸す気配がちょっと怖い)、普段なら図書館でも絶対に手に取らない本だ。 実は『お能健康法』は図書館の福袋に入っていた。 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com