なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

飲食

鮭の白子フライ

投稿日:

少し前に『鍋に入れたらおいしいかも』と思い、鮭と鮭の白子をスーパーで買ってきた。

その日はお腹がすいていたせいか、食材を買いすぎた。

鮭と白子は予定どおり味噌鍋に入れておいしく食べたが、どちらもあまってしまった。

続けて白子を食べたくないので、日持ちさせるためにとりあえず鮭や他の魚と一緒にタレに漬けておいた。

こうしておけば食べたいときにフライパンにくっつかないホイルを敷いてさっと焼いてすぐに食べられる。

同じ味ばかりだと飽きるので、2種類の漬けダレを用意した。

(1)醤油ダレ=めんつゆ+水+酒

(↓ジップロックに入れている。小さいカワハギも入っている)

(2)塩ダレ=塩こうじ+カンタン酢+酒

残った魚をタレに漬けると日にちと心の余裕が生まれた。

鮭の白子の食べ方についてあらためてじっくり考える。

白子の漬け焼きもいいけれど、もっとおいしいアレンジ料理はないだろうか?

白子は細長い袋に中身が入ったようなあの形状がくせものだ。

カツレツ風にして、衣(小麦粉/卵/パン粉)をつけて、フライパンに多めのオリーブオイルで揚げ焼きにしたら?

いったん白子の袋を切り開けてしまうと中身が揚げ油に溶けだしそうなイメージがわく。

一本丸ごと揚げて、フォークとナイフでカットしながら食べてもいい。

おりしも今日はボジョレーヌーヴォーの解禁日だ。

鮭の白子は生臭そうなので、白ワインよりもフレッシュな赤ワインと合わせてもいいのでは?

・・・結果的には、鮭と白子のミックスフライ定食となった。

(↓漬けダレから引きだして汁気を取るために新聞の上においておいた)

(↓細かめのパン粉を使用した)

(↓右の丸い切り口のものが白子フライ)

つけ合わせは先日つくったケバブサンドの残りの千切りキャベツ+紫玉ねぎと、にんじんしりしりをつくった。冷蔵庫にあったいんげんをいろどりにそえた。

鮭と白子の量がハンパで少なめだったので、タルタルソースを手づくりしてかさ増し(カロリー増し)することにした。

ゆで卵を鍋で水からゆでながら紫玉ねぎと冷蔵庫にあったピクルスを刻んで、ピクルスのマリネ汁とマヨネーズ、酢を入れて混ぜてドライパセリをかけた。

(↓タルタルソースのつくりかた①)

(↓タルタルソースのつくりかた②)

(↓タルタルソースが完成)

鮭と白子フライは、タルタルソース、とんかつソース、からし、醤油、ポン酢、大根おろし、レモン、チリソースなど、好きな味つけで各自食べるといい。

もともと漬け汁で下味をつけているので、何もつけなくてもいい。

揚げている最中、ポンポンと破裂音が聞こえたので白子の流出を覚悟したが、実際には一本にかたまったままで揚がってくれた。

揚げ油の温度は低めで170度くらい。

鮭も白子も2分半から3分程度の短い揚げ時間だった(身が細い/小さかったし、白子がバラバラになるのがこわかった)。

鮭の白子はとんかつみたいに揚げてからナイフで切り分けて皿に盛った。

味噌鍋で食べたときよりも、香ばしく揚げることで生臭みが完全に消えて、とても食べやすく、おいしかった。

※鮭の皮にはウロコがついていたが、面倒なのでそのまま調理した。夫はウロコがついていても気にしないし、私は食べるときに邪魔なら皮ごと残せばいいと思った。実際には食べるとき特に気にならなかった。

参照したにんじんしりしりのレシピ(クラシル)
https://www.kurashiru.com/recipes/62146a2f-71eb-40d2-90b2-23dd54f4f172

関連記事:ケバブサンドを作ってみた

-飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

豚コマ串&フランク串

肉おでん

目次肉食人口が増えている鶏肉おでん白もつおでん豚コマおでん肉おでんレシピ材料作り方 肉食人口が増えている 昔に比べると今の人は肉食だ。 若い人ほど肉食度が高いようだ。 私もどちらかといえば肉食だ。 本 …

糖質制限ダイエットは難しい

◎はじめに 家族がいると一人だけ食生活を変えるのは難しい。 私は二人暮らしだが、最近夫とケンカして、一緒に食事をとらなくなった。 今までずっと夫の好きな食べ物・飲み物を優先して生活していたので、毎晩自 …

ミニカップ麺を製造した

◎自由が丘駅ホームの豚骨臭 仕事帰りに大井町線から自由が丘駅で電車を乗り換えた。5・6番ホームに出るとすごく濃い豚骨ラーメンのにおいがした。自分の中での豚骨ラーメンブームは10年くらい前に終焉したのだ …

理想の飲食店を求めて

◎試食販売の仕事が終わって 試食販売の仕事で都内のあちこちに働きにいく。 朝から晩までの仕事を終えてホッと一息つく。 はじめて訪問する街の場合が多いのでちょっと駅周辺を歩いてみる。 電車に乗る前に見知 …

下北沢カルパシ

カルパシ/下北沢

下北沢の駅前劇場にチャリT企画の『絶対に怒ってはいけない!?』を見に行った。 舞台を見る前にランチを。 下北沢は不案内なので、インターネットでランチ情報を調べると、下北沢はカレーの激戦区だと書いてあっ …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com