なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

イギリス 映画・ドラマ

夜の来訪者

投稿日:

ここ数年イギリスブームが来てて、夫が契約しているアマゾンプライムでもイギリスのドラマばかり選んで見ている。

だいたい「BBC ドラマ」と入れて検索するといくつかヒットする。

先日、異色の社会派ドラマを見つけた。

『夜の来訪者』(原題:An Inspector Calls)という。

これはシリーズ物ではなくて1つ見れば終わり。

でもプロットがアガサ・クリスティばりに練られていて見ごたえ十分だった。

見始めたらやめることができず、あまり楽しい話でもないのだが、最後まで注視してしまった。

ケン・ローチ監督の『私は、ダニエル・ブレイク』が好きな人におすすめな内容。

(※以下、ネタバレありです)

ある貧乏な若い女性が自殺するところから『夜の来訪者』は始まる。

そして一人の警部がある家庭を訪問する。

あろうことかその裕福な家庭では娘の婚約祝いの真っ最中だった。

が、女性の自殺の原因が裕福な家庭の父親にあったなら・・・?

その娘の婚約者にもあったなら・・・?

その婚約したての娘自身にもあったなら・・・?

その母親にすらあったなら・・・?

その息子にもあったなら・・・?

という、とても不思議な筋書きの話だ。

だが、この話には元ネタというか、歴史があって、最初に上演されたのは1945年のソビエト連邦においてという。

翌年はロンドンの劇場で。

劇作家はイギリス人のJ.B.プリーストリー(Priestley)。

どおりでアマゾンプライムのドラマにしては俳優の演技が妙に演劇チックなわけだ。

イギリスは演劇の盛んな国だと聞く。

学校でも積極的に演劇を教育の一環として取り入れており、誰もが演劇に関わるチャンスの多いお国柄といえる。

演劇は幼い子どもの感情表現/コミュニケーション能力をアップするのにもよいということで、早くから接する機会が設けられている。

そんなイギリスの演劇の伝統を感じられる作品だった。

↓海外でおこなわれている演劇教育について
https://kodomo-manabi-labo.net/dramaeducation-kaigai

↓夜の来訪者/An Inspector Callsのウィキペディア(英語版)
https://en.m.wikipedia.org/wiki/An_Inspector_Calls

関連記事:イギリス関係の作品リスト

-イギリス, 映画・ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

イギリスを知るためのおすすめ本

アメリカと距離をおくために 日本にとってアメリカは親のような存在に思えることがある。生まれたときからそばにいて、考え方、物の見方、センスなどにかんして絶え間なく影響を及ぼしてくる。だからアメリカ人が書 …

クリスマスのフロスト/ウィングフィールド

(※以下ネタバレあり) イギリスの小説などにはまってずっと読んでいるが、探求すればするほど面白い作品が奥からどんどん出てくる感じだ。 今回読んだ『クリスマスのフロスト』は、のちに大人気となるフロスト警 …

地の告発

地の告発/アン・クリーヴス

(※ネタバレありです) イギリス・シェトランド諸島を舞台にしたアン・クリーヴスの人気シリーズの7作目。 主人公のジミー・ペレス警部は、亡くなった婚約者フラン・ハンターの娘であるキャシーと一緒に暮らして …

自然を取り戻すためのおすすめ本

1. 『英国貴族、領地を野生に戻す』(イザベラ・トゥリー著) 『Wilding(野生化)』が『英国貴族、領地を野生に戻す』の原題だ。 場所はイギリスの南東部ウェストサセックスにあるクネップという広大な …

フロスト気質/ウィングフィールド

フロスト気質/ウィングフィールド(上下巻) R・D・ウィングフィールドによるイギリスのミステリー「フロスト警部シリーズ」の第4弾を読んだ。 (※以下ネタバレありです) 『フロスト気質』の特徴 1. 話 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com