なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

『羆嵐』by吉村昭

投稿日:2018年9月6日 更新日:

『羆嵐(くまあらし)』by吉村昭(新潮文庫)

(ネタバレありです)

◎あらすじ

1915年12月9日、北海道の三毛別六線沢(さんけべつろくせんさわ)の村落でヒグマが2人の人間を襲った。
ヒトの味を覚えたヒグマは翌日も別の民家を襲い、4人が犠牲になった。
ヒグマにとって人間は他の鳥獣同様のエサにすぎない。

人と獣の立場が逆転する。
人は捕食される立場となり恐怖にかられ逃げ惑う。

この体重が300キロ以上ある巨大ヒグマを12月14日に銃で退治するまでのドラマが『羆嵐』に描かれている。

◎感想

対立関係は物語を盛り上げる。
この小説の中ではまず自然VS人間。

北海道の未開の地に無一文で入植した人間たちは無力だった。
大自然に押しつぶされそうになりながら他に行く場所もないのでギリギリ生きようとしていた。

そこにさらに凶暴な自然の創造物・巨大ヒグマが現れた。
獣VS人間の壮絶な闘いが開始される。

巨大ヒグマ1頭VS村民家族では闘いにもならない。

巨大ヒグマ1頭VS人警察の救援隊員200人の闘いでもヒグマが勝利するのが現実だった。

だが、巨大ヒグマ1頭VSヒグマ専門猟師1人の闘いで、最終的に猟師が勝利をおさめた。

人間VS人間の攻防。
北海道庁警察部の羽幌分署長に率いられた救援隊員200人VS嫌われ者のヒグマ専門猟師の息づまるような対立関係・攻防も読みごたえがある。

一般社会でも凡庸な組織VS才能に秀でた個人の関係・調整のむずかしさ、一つの目的に向かって力を合わせることのむずかしさ、心理的な葛藤はよく見られる。

また危機的状況においてはトップのとっさの判断力が試される。

この小説の登場人物のうち、最初はあまり目立たないが物語の後半に向かってだんだん存在感を増していく三毛別地区の区長の判断力はすごい。行動力もリーダーシップもある。

自分より立場が上の羽幌分署長と別の判断をし、それを実行していくすごさ。

このリーダーがいなければ事件はもっと陰惨なものに拡大していただろう。

区長VS酒乱のヒグマ猟師の攻防。

ヒグマ猟師VS巨大ヒグマの一触即発の真剣勝負。

静かな村落がある晩突然ヒグマに襲われたように、この物語は前ぶれもなく惨劇とその後の様子を淡々と描写する。

実際に起こった事件をもとに書かれた類を見ない作品です。

狩猟に興味がある人も、ない人も、ぜひ手に取ってみてください。

関連記事:『羆撃ち』by久保俊治

実際の三毛別羆事件の詳細はWikipediaに記されています->三毛別羆事件

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラドヤード・キプリング著『少年キム』

少年キム/ラドヤード・キプリング

目次キプリングとインド『少年キム』のあらすじ多種多彩な登場人物『少年キム』の感想 キプリングとインド 大英帝国時代(インド統治期間は1858-1947)、植民地のインドなどに赴任し、その地で子供を産み …

ツレがうつになりまして。

「脳疲労」社会〜ツレがうつになりまして。

目次夫のうつ病が心配「脳疲労」社会ツレがうつになりまして。現代型うつ病 夫のうつ病が心配 自分自身にうつ病の傾向はないのだが、サラリーマンの真面目な夫は仕事をかかえこみすぎて、ときどきノイローゼ気味に …

複眼の映像(橋本忍著)

『複眼の映像 私と黒澤明』(橋本忍著/文春文庫) 著者の橋本忍氏は、黒澤明と共に代表作の『羅生門』(1950)、『生きる』(1952)、『七人の侍』(1954)の脚本を書いた脚本家だ。 1918年生ま …

見仏記1

見仏記/いとうせいこう/みうらじゅん

いとうせいこうとみうらじゅんが一緒に仏像を見に行く人気シリーズの第1冊目。 私は『海外編』を最初に読んで、面白かったのでシリーズの原点である1冊目に戻ってきた。 ちなみに仏教とか、仏像にはそれほど興味 …

LGBTQとは?

目次PR誌の年間購読ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーLGBTQとは?タンタンタンゴはパパふたり PR誌の年間購読 数年前から出版社が毎月発行しているPR誌を年間購読している。 1冊100円程 …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com