なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

生活

掃除機よりホウキがラクかも

投稿日:2019年9月26日 更新日:

掃除が嫌い

掃除が苦手で、面倒くさくて、手を抜きたくて、嫌でしかたない。

でも人一倍神経質なので、掃除をしない部屋にいると細かいゴミが目についてしかたない。

掃除をするのもストレスになるし、掃除をしないのもストレスになるという現実。

掃除機で吸えないもの

ある日、飼っているクサガメにエサをあげるとき、うっかりこぼして床にばらまいてしまった。

踏んでこなごなになっては大変なので、すぐに掃除機で吸いとろうとした。

ところが、1粒も吸いとれない。

掃除機にはときどきそんなことがある。

狙っているターゲットの大きなゴミを絶対に拒絶する意味不明な行動。

あとから考えれば充電が切れかけてパワー不足だったのかもしれないが、そのときは本当にイラついて、しかたなくホウキとチリトリで掃除した。

ホウキとチリトリは、畳の部屋で浴衣を着て落語を聞いて暮らす夫の所有物である。

軽くて便利なホウキとチリトリ

ホウキとチリトリ

ホウキ(柄の長さ約44cm)とチリトリ

ホウキとチリトリで掃除をするなんて何10年ぶりだろう?

床にこぼれたエサは思うがままに一瞬ではきとれた。

めずらしく掃除に快感を感じた。

ちょっと前に読んだ『寂しい生活』の中で、脱電化生活を実践している稲垣えみ子さんが、ホウキの素晴らしさをたたえていた。

そのときは自分には関係ないと思いスルーしてしまったが、実際に使ってみれば、本当にホウキはずぼらな人間にこそおすすめの掃除道具かもしれない。

重い掃除機だと障害物をよけるのに苦労するが、ホウキは軽々と障害物をこえていく。

そもそも重量がほとんどないので掃除機と比べて持ちはこびがラクでしかたない。

昔、学校や職場で使ったホウキはかなり年季が入っていて端が丸くちびていた。だから部屋の隅などは掃除しにくくてもどかしかった。

一方、うちにある夫のホウキは新品同然だ。

新品のホウキは毛がみっしりはえそろっていてとても掃除が気持ちいいのだ。

ホウキではきとれないもの

唯一ホウキが苦手なのは、綿ぼこりの掃除だ。

ホウキではいたり、チリトリにいったん入れても、ふわふわと逃げだしてしまうことがある。

こればかりはしかたないので大目に見る。

 

死んだふりをするクサガメ

死んだふりをするクサガメ

関連記事:寂しい生活/稲垣えみ子

■寂しい生活 – 稲垣 えみ子(東洋経済新報社)

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ第2波の前後

久しぶりの外飲み 6/15(月)-6/21(日)の週は、東京のコロナ感染者数が1日平均30人台だった(*東京都の発表データ参照)。 「コロナはもう終わりかも」と思い、3か月以を上自粛していた外食を久し …

糖質制限ダイエットは難しい

◎はじめに 家族がいると一人だけ食生活を変えるのは難しい。 私は二人暮らしだが、最近夫とケンカして、一緒に食事をとらなくなった。 今までずっと夫の好きな食べ物・飲み物を優先して生活していたので、毎晩自 …

睡眠

脳内時計

睡眠 ◎脳内時計 腹時計ならぬ脳内時計(体内時計?)が内蔵されている。朝8時の電車に乗るときは7時50分に家を出る。その1時間前にデジタルの目覚まし時計をセットする。 ところが起床時間の数分前に自然に …

スマホ

3つの忘れ物

1.傘 某スーパーに試食販売の仕事に行った。 ふと、前回来たときに、この店に傘を忘れて帰ったことを思い出した。 Googleで店舗名で検索すると、前回の訪問日が自動的に表示された。それは2か月前のこと …

しばいぬだいすきさんによる写真ACからの写真

クレジットカードを解約した

クレジットカードつくりすぎ 学生時代に親を保証人にしてつくったクレジットカードや結婚後パート先のスーパーでつくったクレジットカード、オンライン広告のキャンペーンに引かれて契約したクレジットカード、人か …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com