なんとか自分を元気にする方法

コロナで生活が楽になったような、苦しくなったような

映画・ドラマ

『あなたの旅立ち、綴ります』

投稿日:2018年3月16日 更新日:

◎あらすじ

(ネタバレありです)お金持ちの元実業家ハリエット・ローラー(シャーリー・マクレーン)が主人公。81歳の彼女は、小ぎれいな家で使用人をつかい、美しい服を着て何不自由なく一人で暮らしている。

だがもう仕事はとっくに引退してしまった。口が悪くきつい性格のため親しくつき合う友人もなく、家族とも疎遠になっている。ひとりぼっちで毎日とくにやることもなくむなしい気持ちを抱えている。

だがある日、ハリエットは、新聞の訃報記事専門ライターに、自分の訃報記事を書かせることを思いついた。自分の監督のもとに…。そこから彼女の人生はエキサイティングなものに変わっていく。

訃報記事を依頼したのはアンという女性(30歳前後?)だ。新聞社で訃報記事を7年間書き続けているが、アンの本当の夢はエッセイで名を売ることだ。現状では自分の文章に自信がもてず、小さなノートに趣味のようにエッセイを書き綴っている。

ハリエットは家族・知人のリストをアンにわたした。アンは訃報記事に使える美しいネタを求めてリスト中の人々を訪ねたが、ハリエットのことを良く言う人はひとりもいなかった。その事実を聞いたハリエットは逆ギレしたが、ついに、美しい訃報記事を書いてもらうために自分を美しく変えることを決断した。

ハリエットは、理想の訃報記事をつくるために、施設をたずね9歳の黒人の少女ブレンダの世話を焼きはじめる。また、ラジオ好きのアンの言葉からインスピレーションを得て、ラジオ局に乗り込み、かつては憧れだった音楽番組のDJの仕事を獲得してしまう。

ハリエットの訃報記事作成にかかわる一連の動きがあちこちで化学反応を起こして、関係者の人生は新たなステージに進むことになる。ハリエットは、長年不仲だった娘とも再会を果たし和解した。「悪い母親」と自分にレッテルを貼っていたハリエットだが、現在の娘が夫や息子2人と共に幸せに暮らしていることを知り、自分は「良い母親」だったと考えを改めた。

◎テーマ

「自分の人生をしぼませないで!」

…というのが、この映画のテーマだ。

別の言い方をすれば「自分の可能性をあきらめないで!」ということ。

ハリエットと深くかかわるようになったアンは小さい頃に母親に見捨てられた。ブレンダには父親がいない。そのことが2人の心の一部をしぼませている。

ハリエットは最強だ。これまで出会ったほとんどすべての人に嫌われながらも、自分の直感を信じて、その可能性を十二分に発揮して生きてきた。

2人はハリエットとかかわることで、人生においては失敗をおそれず、過去よりも未来に目を向けて行動すべきことを学ぶ。

◎感想

いま私たちはどちらかといえばしぼんでいっていると思う。
私ひとりの問題ではなく全体的に人生がしぼんでいっている印象を受ける。

しぼんでいくというのは、各自の人生の可能性(選択肢)や行動の自由が、見えない壁やルール、自己規制によって制限されていく状態かもしれない。

経済的な制限は常につきまとうが、そこで「だからもうすべてダメだ」とあきらめるのではなく「どこかに自分の眠っている才能をいかせる余地がないか」「工夫次第で生きていて楽しいことをひとつでも増やせるのではないか」と考え、なにか行動してみるのが大事なのではないか。

ハリエットを見てそんなことを考えた。

実生活でいろんな人に会って話していると、どんな人にも素晴らしい点があることを発見する。
最初は嫌いな人でも、数か月以上嫌々かかわっているうちに、意外な長所を見つけてしまうことは多い。また、自分の長所に気づいていない人もかなり多いように思う。なので、チャンスがあれば指摘するようにしているが、私たちはみんな今よりももっと輝ける素質をもっているような気がする。ただ、自分自身を正当に評価したり、客観視するチャンスが日常的に、生涯を通じてあまりない。またハリエットが持っているような個性をはかるモノサシはあまり日本では販売されていないようにも思う。これから各自、自主制作するしかないだろう。

◎音楽

ハリエットとアンの意外な共通点は、ラジオで音楽番組を聞くのが好きなことだ。
商業主義が入りこんできてつまらなくなったので音楽番組を聞くのをやめたとハリエットに言わせる映画なので、音楽にも力が入っている。古い音楽が多いが、キンクスは好きだったのでハリエットのお気に入りバンドとして映画に登場してうれしかった。

◎DATA

題名:『あなたの旅立ち、綴ります』
原題:”The Last Word”

2017年・米・ドラマ/コメディ・1時間48分
監督:マーク・ペリントン
主演:シャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライド
ストーリー:http://tsuzurimasu.jp/story/公式サイト

-映画・ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『名探偵モンク』

◎あらすじ アメリカのドラマシリーズが大好きです。 よくあんなに次々といろんなタイプのドラマ、魅力的な主人公や脇役、エピソードを考えつくものだと、見るたびに感心します。 いま夢中で見ているのが『名探偵 …

『ドライブ・マイ・カー』

(※ネタバレありです) 感想 『日本人にこんな映画が撮れるんだ』と驚いた。 映画の中で行われる多言語演劇のオーディションを皮切りに始まる稽古風景が新鮮で興味深かった。 演劇をつくる最初の段階はこんなに …

リンドグレーン

リンドグレーン

リンドグレーン (※ネタバレありです) あらすじ スウェーデンの人気作家アストリッド・リンドグレーン(1907~2002)の自伝的映画を神保町の岩波ホールに見にいった。 アストリッド・リンドグレーンが …

『愛と法』

(※ネタバレありです) ◎はじめに 10/1の朝日新聞の生活面にドキュメンタリー映画『愛と法』が紹介されていた。 欧州生活の長い戸田ひかる監督が「日本社会で感じる違和感や息苦しさといった「見えにくい現 …

君を想い、バスに乗る

Myイギリス映画祭

数年前からMyイギリスブームが来ていて、井形慶子氏のイギリスに関する本も何冊か読んだ。 彼女は本物のイギリス通で、ロンドンに家も買ったし、渡英回数は90回におよぶという。 井形氏が編集長として発行して …




 

椎名のらねこ

コロナで仕事がなくなり、現在は徒歩圏内の小売店でパートしてます。自分の気晴らしに、読んだ本、美味しかったものなどについて昭和的なセンスで記事を書いています。東京在住。既婚/子なし。

お問い合わせ先:siinanoraneko@gmail.com